Vtuberとは?仕組みや将来性などをVtuber制作者が徹底解説!

Vtuber

こんにちは!大学生ブロガーの(@vtuber05539895)カサハラです。

僕は現在、Vtuberの制作に勤しんでおります。

今回はそんな「Vtuber」という存在について、制作者の視点から色々解説をしていきたいと思います!

Vtuberとはなんなのか。

Vtuberにどうやったらなれるのか。

Vtuberってこれからどうなっていくの?

などなど、色んな疑問にお答えしていきます。

Vtuberとは?

まずはVtuberってなに?という質問についてお答えします。

Vtuberとは正式名称だと「バーチャルユーチューバー(Virtual Youtuber)」で、2D・3Dのキャラ

クターを人間が動かしてyoutuberとして活動している人(キャラ)を指します。

具体例を挙げた方がわかりやすいですね。

1番有名なのが、「キズナアイ」というキャラクター。

キャラクターがまるで人間のように話したり、表情を変えたりしているのがわかります。

後述しますが、このキャラクターはフェイストラッキングやモーションキャプチャーなどといわれる特殊な技術を使用して動かしています。

最近では多くの人がVtuberになれるツールが出てきており、誰でもVtuberになることが可能です。

まあ、キズナアイぐらい細かい動きを反映させるとなると、かなりお金がかかりますね。

2DのVtuberも!

キズナアイは3Dキャラですが、2DキャラのVtuberも存在します。

というかキズナアイのように3DキャラのVtuberは逆に少ないです。(最近は多くなってきていますが)

なぜかというと、お金も技術も必要だからですね。

なので、個人でVtuberをやろうとすると2Dキャラでやる人がほとんどでしょう。

代表的な2DのVtuberは「月ノ美兎」というキャラクターですかね。

実はこういう2Dキャラであれば、iPhoneXがあれば動かせちゃいます!

個人的にVtuberになってみたいという人は、2Dキャラでやるのがおすすめですね。

関連記事

人気Vtuberを紹介!

そんなVtuberには四天王と言われる人気Vtuberが存在します。

  • キズナアイ
  • ミライアカリ
  • 輝夜月
  • シロ
  • バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

四天王なのに5人なのが不思議ですが、この5人が人気Vtuberです。

キズナアイ

この中で1番有名なのが「キズナアイ」です。

地上波のテレビにも出演しており、ダントツで人気があります。

動きの精度も高く、表情豊かですね。

チャンネル登録者数:約250万人

ミライアカリ

金髪でぶりっ子キャラが特徴的な「ミライアカリ」

金髪で巨乳といった、みんなが好きそうなフォルムのキャラクターですね笑

チャンネル登録者数: 約73万

輝夜月

毒舌キャラが特徴の「輝夜月」

独特な声と毒舌キャラによって人気が急上昇しているVtuberです。

編集も上手で、面白い動画が多いですね。

チャンネル登録者数:約90万人

シロ

物静かな性格が特徴的な「シロ」

動画はゲーム実況などが多いですね。

声も聴き心地が良い萌え声です!

チャンネル登録者数:約60万人

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

四天王の中で唯一、個人が制作しているVtuberの「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」

名前の通り、中の人はおじさんです。

個人が制作しているので、動きや表情の精度は低いですが、独特のキャラクターが人気があります。

チャンネル登録者数:約25万人

Vtuberは増え続けている!

人気Vtuberの登録者数も増え続けていますが、最近は色んなVtuberが増え続けています。

2018年9月段階で5000人のVtuberがいたので、現在は1万人ぐらいいるかもしれません。

最近では誰でもVtuberになれるようなツールが色々出てきたので、それの影響でしょうね。

Vtuberの仕組み

では次にVtuberの仕組みについて詳しく説明していきます。

Vtuberの仕組みは複雑ですが、大きく分けると2つの技術が使われています。

  • 表情をキャラに投影するフェイストラッキング
  • 動きをキャラに投影するモーションキャプチャー

フェイストラッキングという技術は顔の表情をカメラで追うことによって、表情をキャラに投影することができます。

フェイストラッキングを使用すれば、自分が笑えば、キャラクターも笑うように設定することができます。

有名なツールだと「Facerig」というツールがありますね。

このツールではPCのカメラによって顔の表情を読み取り、キャラに反映させてくれます。

フェイストラッキングも使うツールによって精度が異なり、高いツールだと表情の機微も読み取ってくれます。

モーションキャプチャーは自分の動き(腕を上げるなど)をキャラに反映することができます。

フェイストラッキングのツールは数千円で使えるものもありますが、モーションキャプチャーのツールは数万円~数十万円のものが多いです。

1番有名なモーションキャプチャーのツールは「Perception Neuron」でしょう。

こんな感じで体に機械をつけて、体の動きを検知し、キャラクターに反映させていきます。

この「Perception Neuron」は249,800円です。

かなり高いですね。動きを検知するのは一応カメラでも可能ですが、精度を高めるにはこのような器具が必要になります。

この2つの技術を利用して、Vtuberを動かしています。

他にも声によって口を動かす方法やボタンによって表情を動かす方法など、Vtuberを動かす仕組みは色々あります。

王道はフェイストラッキングとモーションキャプチャーを使用する方法でしょう。

どの手段を使おうとしても、ツールを使いこなさなければいけないので、PC操作に慣れていないと結構大変かもしれません。

Vtuberになる方法

3DキャラのVtuberになるためにはこのようなスキルが必要になります。

これを1人でやろうとすると、かなりの時間がかかります!

僕は3Dキャラの方でVtuberを作ったのですが、かなり大変でしたw

個人でやるには2Dキャラの方がおすすめです。


2DキャラはLIVE2Dというイラストを動かすための加工ツールさえ使いこなせれば、結構簡単に作れちゃいます!

ここで作り方に詳しく触れるととんでもなく長くなるので、割愛しますね。
知りたい人は以下の記事を読んでみてくださいな!

用意されたキャラなら超簡単!

もし、オリジナルのキャラクターじゃなくてもいいという人はVtuberになるのは超簡単です。
先ほど紹介した「Facerig」というツールには無料で使えるキャラクターがいくつか用意されています。
facerigは約1500円ぐらいで買えちゃいます。

「イラスト描くのめんどくさい。加工すんのめんどくさい。」
こんな人で、Vtuberになりたい人は既存のキャラクターでやってみるのもありっちゃありですね。

Vtuberって実際どうなっていくの?

最後にVtuberの今後について、色々僕の意見をまとめていきます。
現在Vtuber界隈で1番有名なキズナアイはチャンネル登録者数が200万人を誇っています。
youtuber界隈で有名な「ヒカキン」ですら、600万人なのでかなりの人気と言えます。
また、Vtuberの数も増えてきており、6月に入る時点で3000人まで増えてるっぽいですね。

テレビ番組の出演も!

最近では、人気のVtuberはテレビ番組の出演もしています。

Vtuberだけのテレビ番組もでき始めているらしく、ゲーム事業などで有名な「グリー株式会社」が7月から番組を始めています。

とうとうテレビ番組に出演が始まってきました…。

色んなメディアで登場していく

僕の予想としてVtuberは今後色んなメディアに登場してくると思います。
Vtuberってキャラクターなので、色んなところに登場しやすいんですね。
例えば、2Dにもできるので漫画にも登場できちゃいますし、ゲームの世界にも登場できちゃいます。
また人みたいに移動しなくても遠隔で操作できちゃうので、地方の方にも行けたり、世界にも簡単に行けちゃいます。
またVRが最近著しい発展をしていますが、VR世界の中にも登場できちゃいますね!
というように、Vtuberはかなり表現の制限が少ないので、今後もかなり広がっていくと思いますよ!

収益はyoutubeだけではない

これはyoutuber全員に言えることなんですが、Vtuberの収益ってyoutubeだけじゃないんですよね。
他にもテレビ出演があったり、雑誌に載ったり、漫画でかかれたり、イベントに参加したりと色々収益をゲットできるポイントがあります。
まあ当然、有名にならないと他のところに呼ばれませんがw
でも有名になるキャラを1つ作ってしまえば、かなり収益化できると思います。

実際何がいいの?


でもこんなにVtuberが人気なのは何が理由なんですかね?
中の人のキャラクターっていう人が多いですが、じゃあ中の人を変えてしまったら、人気はなくなるんですかね?
でも、僕はキャラクターの設定を精密にやれば、中の人が変わってもいける気がするんですけどどうですかね?w
中の人を変えたら、ファンは離れていくのかなー。
この実験をしてみたいなっと最近思っております。

Vtuberになってみよう!

Vtuberは顔出しせずに、youtuberになることができるのもメリットの1つです。
顔出しをしたくないけど、動画配信をしたいという人はぜひ、Vtuberになってみましょう!

Vtuber制作を承ります!

Vtuber制作を依頼したい人はココナラで依頼することができます!

僕もココナラでLIVE2Dを使った2DキャラのVtuber制作を受け付けております。

価格は1000円です!

Live2D+Facerigで2DモデルのVtuber制作③(表情付き)

このキャラは僕が表情や動きをつけたものです。(イラストは描いてもらいました)
このぐらいのクオリティには仕上げることが可能です!
他にも表情を追加したりもできますし、全身のキャラクターの制作も受け付けております。
自分でいうのもなんですが、大体相場は数千円~数万円なので、他の人と比べてもダントツで安いです。

僕に依頼したい人は以下のリンクからチェックしてみてください!

【ココナラでVtuber制作を依頼する】

Vtuber制作にあたっての質問とかでもいいので、興味ある人もココナラのDMかtwitter(@vtuber05539895)までご連絡ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました