LIVE2DとFacerigを使った自作Vtuberの作り方!

2Dモデル

こんにちは!

フリーランスでVtuber制作をしているかさはら(@obakasahara)です。

僕はブログが収益源ですが、趣味でVtuber制作をしています。

Vtuber制作も色々やり方がありますが、今回の記事ではLIVE2DとFacerigを使ったVtuberの作り方を解説していきます。

Live2D+Facerigで2DモデルのVtuber制作③(表情付き)

Live2DとFacerigを使用してこのようなモデルを作成しました。

また、この作り方でVtuber制作も仕事として行なっています。

実はLIVE2Dがバージョンアップしたので、ネットの情報が古くて、ネットの情報通りにやってもうまく行かなかったんですよね。

この記事は最近のバージョン(2019年1月現在)での作り方を説明していくので、安心してください!

またこのページではLive2DやFacerigのツール自体の使い方を解説せずに、Vtuber制作の流れを解説していきます。

ツール自体の使い方は各ツールのホームページや他のサイトでたくさん情報があるので、そちらを参照しましょう。

この記事ではLive2DとFacerigを使ってVtuberを作る中で、つまずくポイント気をつけるポイントなどを流れの中で解説していきます!

この記事を参考にしながら、Live2DやFacerigの使い方を調べてみてください。

今回は以下の僕のプロフィール画像をVtuber化していく過程を説明していきますね。

用意するもの

LIVE2DとFacerigでVtuberを作りたい場合、必要なものは以下の通りです。

  • Live2D Cubism 3 Editor & SDK
  • Live2D Viewer
  • Facerig
  • Facerig Live2D Module
  • webカメラ
  • マイク

Live2D Cubism 3 Editor & SDK

「Live2D Cubism 3 Editor & SDK」とはLive2Dのツールパックみたいなものです。

これらのツールで、キャラの動きや表情を加工していきます。

Live2Dのホームページからダウンロードできます。

【Live2Dをダウンロード】

FREEとPROの2つのプランがありますが、FREEプランでも十分Vtuberは作れます。
プランの違いについて知りたい人はこちら!

PROとFREEの違いは?Vtuber制作者がプランの違いを解説!
こんにちは! 普段はフリーランスとしてVtuber制作をしているかさはら(@vtuber05539895)です! 今回はLive2Dのの違いについて解説していきます。 Live2DのはPROとFREEと2つ...

なので、まずは無料プランを使ってみましょう。

Live2D Viewer

「Live2D Viewer」は髪の揺れなどを表現する物理演算を反映させるのに使います。

このツールはバージョンが低いのですが、Facerigがこの記事を買いた時点では古いバージョンにしか対応していないため、このツールが必要になります。

詳しくは後述します。

これもホームページからダウンロード可能です。

【Live2D Viewerをダウンロード】

Facerig

「Facerig」は「steam」というサイトで購入できます。

注意点としてFacerigはWindowsのPCでないと動きません。持っていない人はWindowsのPCを用

意するか、BootcampでmacにWindowsを入れましょう。

BootcampでWindowsを入れる方法は以下の記事に書いてあるので、参考にしてみてください!

【体験談】MacにBootcampでWindows10を入れる方法!
こんにちは! 先日、ある理由からWindowsが必要になりました。 しかし、僕はMacユーザー。 さてどうしようかと考えていた時に、調べてみると「Bootcamp」というものがあることを知りました。 Bootcamp...

僕はmacにWindowsを入れて使っていますが、問題なく動いています。

Facerig Live2D ModuleとはFacerig上でLive2Dを動かすものです。これもsteamで購入できます。

【Facerigを購入する】

webカメラとマイク

webカメラとマイクを持っていない人はamazonなどで購入しましょう。

【カメラとマイクをamazonで購入】

まずはイラストを用意しよう!

まずVtuberを始めるには下絵となるイラストが必要です。

基本的にイラストは動物でもデフォルメキャラでも大丈夫です。

LIVE2Dのイラストで最重要なのが、レイヤー分けをするということです。

レイヤー分けとは部品ごとで、書くページを分けることを指します。

こんな感じで髪や口などをレイヤー分けする必要があります。

レイヤー分けされていないイラストだと、Vtuber制作はできません。

イラストを用意する前の人はレイヤー分けするように気をつけましょう。

レイヤー分け忘れた!という人でも、後からレイヤー分けすることは可能です。

以下の記事を参考にして、レイヤー分けしてみましょう。

【Vtuber】1枚のイラストを後からレイヤー分けする方法
こんにちは! フリーランスとしてVtuber制作をしているかさはら(@vtuber05539895)です。 今回は1枚のイラストを後からレイヤー分けする方法を解説します。 2DのVtuberをやる場合、イラストをレイヤー分...

僕が調べた限り、レイヤー分けするためのツールはいくつかあります。

  • Photoshop
  • Clip Studio
  • Gimp
  • SAI

もし持っていないという人はダウンロードしましょう。

もしレイヤー分けがめんどくさい!という人は「ココナラ」というサイトで、僕が500円で承ります!

詳しくは以下のリンクから確認してみてください。

【ココナラでレイヤー分けを依頼する】

また他にもVtuber用のイラストに関しては細かい注意点がいくつかあるので、詳しく知りたい人は以下の記事を読んでください。

2D・3D別!Vtuber用のイラストを依頼する時の注意点と相場
こんにちは! フリーランスとしてVtuber制作をしている笠原(@vtuber05539895)です! 一応販売実績もあり、自身もVtuberとして活動中です! 【お知らせ】 依頼多数のため、Vtuber制作の依頼を 500...

LIVE2Dでイラストをインポート!

次にレイヤー分けされたイラストをLive2Dにインポートしていきます。

ファイル形式はpsd形式のものを用意してください。

レイヤー分けしたツールを使えば、psd形式でのエクスポートができるはずです。

エクスポートしたら、Live2Dを使ってイラストに表情や動きをつけていきます。

ざっくりとした工程は以下の3つです。

  • メッシュをつける
  • パラメーターをつける
  • モーションをつける

メッシュをつける

まずはイラストを動かせるように点と線で結ばれたメッシュを入れます。

メッシュはボタン1つで自動で入れることができます。

自動でメッシュを入れたら、変にメッシュが入ってしまったところを手動で直していく感じです。

よく変化させる目と口はメッシュを綺麗に入れたほうがいいと思います。

パラメーターをつける

メッシュを入れたら次にパラメータをつけていきます。

パラメータとは体の各部位の1つ1つの動きを格納する関数のことです。

例えば、目の開閉ならパラメータの数字が0のときに「閉じて」、1の時に「開ける」といった設定をすることで、目の開閉の動きを再現できます。

こんな感じですね。

パラメータを動かすことで、モデルに動きをつけていきます。

モーションをつける

パラメータをつけたら、各パラメータを組み合わせてモーションをつけていきます。

パラメータにを色々組み合わせることで、笑顔や怒り顔、いじけ顔など様々な表情をつけることができます。

Live2Dの使い方を学ぼう!

Live2Dでの加工の流れを説明してきました。

具体的にLive2Dの使い方はホームページのマニュアルで学びましょう。

【Live2Dのマニュアル】

正直、このマニュアルはかなりクオリティが高く、これで勉強するのが1番おすすめです。
まずはマニュアルで勉強して、他にわからないことがあったら、調べてみましょう。

Live2Dで作ったキャラをFacerigに導入!

Live2Dでキャラに表情や動きをつけたら、Facerigに導入していきます。

Live2Dで付けた表情や動きは正しくFacerigに入れると、反映されます。

Live2D+Facerigで2DモデルのVtuber制作③(表情付き)

Facerigに入れるとこんな感じで動きますね。

Live2Dで表情や動きをつけるまではスムーズにできますが、僕はここで結構つまずきました。
色々注意点があるので、説明してきますね。

テクスチャアトラスを作る

Facerigに導入するにはまず「テクスチャアトラス」というのをLive2Dでつくる必要があります。

テクスチャアトラスはLive2Dのメッシュ編集の横のメニューから作成できます。

画像の1番左ですね。

テクスチャアトラスではレイヤーごとで分かれたイラストを一枚の画像にしていきます。

ここで注意したいのが、各部位が被らないように部位を配置することです。

部位が被って画像を作ってしまうと、被った部分が被ったまま表示されてしまいます。

上記の画像のように被らないように部位を整理しましょう。

モデルIDを変換する

実はバーションアップされたLive2Dで作ったモデルはFacerigでは動きません。

動くようにするためにはモデルのバーションを下げる必要があります。

メニューバーの「モデリング→モデルのID」を変換からバージョンを下げられます。

このバージョンダウンをしないとFacerigに入れても、キャラが動きません。

書き出しも低いバージョン

モデルIDを変換したら、Facerigに入れられるように書き出しますが、書き出しも低いバージョンで書き出す必要があります。

書き出しは

「ファイル→組み込み用ファイルの書き出し→mocファイル書き出し(2.1用)」

この手順でできます。

「moc3ファイルの書き出し」で書き出してしまうと、Facerigで動かないので注意しましょう。

物理演算はLive2D Viewerで作る

物理演算は「Live2D Cubism 3 Editor」で作ることも可能ですが、このツールで作ってしまっても

Facerigには現在対応していません。

なので、物理演算は「Live2D Viewer」で作りましょう。

「Live2D Viewer」で作った物理演算はFacerig上で正しく動きます。

「Live2D Viewer」で作った物理演算の作り方は以下のサイトを見ればわかります。

物理演算 – Live2D Cubism 2 マニュアル – Google Sites

これらの注意点を守って、Facerigに入れればきちんと動かせるはずです。

Live2DのキャラをFacerigに導入する方法は以下の記事を読んでみましょう!

FaceRigでLive2Dアバターを動かしてみる

Vtuber制作はそこまで難しくない!

Live2DとFacerigを使ったVtuber制作はそこまで難しくはないので、ぜひ作ってみましょう!

もし何か疑問点がありましたが、僕のtwitter(@vtuber05539895)まで連絡くれれば答えられる範囲でお答えします!

Vtuber制作を承ります!

ちょっと作るのめんどくさいと思った人は「ココナラ」でVtuber制作を依頼することができます!

僕もココナラでLIVE2Dを使った2DキャラのVtuber制作を受け付けております。

他にも表情を追加したりもできますし、全身のキャラクターの制作も受け付けております。

僕に依頼したい人は以下のリンクからチェックしてみてください!

【ココナラでVtuber制作を依頼する】

Vtuber制作にあたっての質問とかでもいいので、興味ある人もココナラのDMかtwitter(@obakasahara)までご連絡ください!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました