VtuberはオワコンかどうかをVtuber制作者が考えてみる

Vtuber

こんにちは!

趣味でVtuber制作をしているかさはら(@vtuber05539895)です!

2017年末ぐらいから話題になりだしたVtuberですが、最近ネットの一部で

「Vtuberはオワコンだ!」

という人たちが出現しています。

Vtuberが対等してきて一年以上経ちましたが、Vtuberはもうオワコンなんですかね?

これからVtuberがどうなっていくのかを考察しながら、オワコンかどうか制作者目線で書いていきます。

Vtuberはオワコンなのか?

まず僕の意見を言っておくと、Vtuberはオワコンではないと思います。

Vtuberの数はどんどん増え続けています。

また、Vtuber用のテレビ番組やVtuberのイベントなどが各方面で開催されています。

しかし、オワコンという人たちはもうVtuber市場は成熟したと言っています。

僕が思うに、Vtuber市場は成熟したのではなく、まだまだ成長段階です。

理由はまだVR技術が開発段階だということです。

VR技術が発達し、VRが一般的になってくると人が仮想空間にいる時間は長くなります。

仮想空間で生活する人も出てくるでしょう。

そうなった時に、仮想空間での自分が必要になります。

そうなるとアバターが必要になるので、Vtuber的な存在が必要になっていきます。

そう考えるとVtuber市場はまだまだ成長段階ですね。

既成キャラが増えている?

他にVtuberがオワコンという人たちの中には既成キャラが増えているという指摘があります。

確かに既成キャラが増えているのは確かかもしれません。

「Vカツ」など体の部品をカスタマイズしてVtuberになれるツールなどが出てきており、誰でも簡単にVtuberになれるようになってきました。

そうなると似たようなVtuberが出てくるのは確かかもしれませんね。

でも、自作でVtuberになれるツールも揃ってきており、自作Vtuberも増えてきています。

Live2Dというツールを使用すれば、2Dキャラであれば少し時間をかければ制作できます。

3Dキャラは自作するのは難しいですが、それでも自作3DVtuberも増えていますね。

これからも増え続けると思うので、オワコンではないと思いますよ。

これからVtuberはどうなっていくか?

これからVtuberはどうなっていくのでしょうか?

僕はVtuberは増え続けると思います。

これから誰でも簡単にVtuberになれる環境が揃っていくると思います。

「Vカツ」もそうですが、今でも簡単にVtuberになれるツールはたくさんあります。」

僕の予想ですが、今後は自分の写真をとるだけでアバターが完成するようなツールが出てくるでしょう。

皆さんもぜひVtuberになってみましょう!

Vtuber制作を承ります!

Vtuberになりたい人は「ココナラ」でVtuber制作を依頼することができます!

僕もココナラでLIVE2Dを使った2DキャラのVtuber制作を受け付けております。

価格は1000円です!

Live2D+Facerigで2DモデルのVtuber制作③(表情付き)

このキャラは僕が表情や動きをつけたものです。(イラストは描いてもらいました)

このぐらいのクオリティには仕上げることが可能です!

他にも表情を追加したりもできますし、全身のキャラクターの制作も受け付けております。

自分でいうのもなんですが、大体相場は数千円~数万円なので、他の人と比べてもダントツで安いです。

僕に依頼したい人は以下のリンクからチェックしてみてください!

【ココナラでVtuber制作を依頼する】

Vtuber制作にあたっての質問とかでもいいので、興味ある人もココナラのDMかtwitter(@vtuber05539895)までご連絡ください!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました