【2019年】簡単に上達するLive2Dの使い方を徹底解説!

2Dモデル

こんにちは。

さて、今回はLive2Dの使い方を解説していきたいと思います。

僕は普段Live2Dを使ったVtuber制作を仕事として請け負っており、今まで30体近くLive2Dモデルを制作してきました。

僕が作ったLive2Dモデルがテレビで使用されたりもしました。

この記事では僕が今まで培ってきたLive2Dの経験から「Live2Dの使い方」をまとめていきます。

当然これからLive2Dを使い始める人にもわかりやすく解説しますし、上達するコツなどもまとめていきたいと思います。

では解説していきます!

イラストを用意しよう!

まずはイラストを用意する必要があります。

Live2D用のイラストは普通のイラストとは特殊な加工が必要になります。

特に重要なのは「レイヤー分け」ですね。

今回はLive2Dの使い方なので、イラストの描き方に関しては割愛しますね。

Live2D用のイラストに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

レイヤー分けの仕方やLive2D用のイラストの注意点などが書いてあります。

パーツ分けが必須!Live2D用イラストの注意点まとめ
こんにちは! フリーランスとしてVtuber制作をしているかさはらです。 今回はLive2Dで使用するイラストの注意点についてまとめていきます。 Live2Dで使用するイラストは普通のイラストとは違い、特殊な形式のイラスト...

Live2Dをインストール

イラストの準備ができたら、Live2Dをインストールしましょう。

各種ダウンロード | Live2D Cubism
Cubism Editor 、Cubism SDK、Cubism Viewer for Unity、Photoshop用スクリプトをダウンロードするための案内ページです。

Live2Dは色々ツールがありますが「Cubism 3 Editor」をダウンロードしましょう。

こちらはPRO版とFREE版がありますが、初心者の方はFREE版で十分です。

僕はPRO版を使用していますが、基本的な機能はFREE版に実装されていますので、安心して下さい。

PRO版とFREE版の違いを知りたい人はこちら。

Live2DのPRO版とFREE版を比較してみた!
こんにちは! 普段はフリーランスとしてVtuber制作をしているかさはら(@vtuber05539895)です! 今回はLive2Dのの違いについて解説していきます。 Live2DのはPROとFREEと2つ...

Live2Dの勉強は公式ホームページが1番!

さてここからLive2Dの使い方を解説していきます。

使い方を解説していくのですが、正直Live2D公式ホームページにある解説が1番わかりやすいです。

Live2D Cubism チュートリアル | Live2D Manuals & Tutorials

他にも色々解説してくれているサイトがありますが、ここさえしっかりと見ておけばある程度のレベルまでは上達するはずです!

下手に色んなサイトで勉強するより、まずはこのサイトでチュートリアルをこなしましょう。

作りながらチュートリアルをこなす

公式のチュートリアルは見るだけではなく、作りながらチュートリアルをこなしましょう。

勉強の基本ですが、手を動かさないと使いこなすのには時間がかかります。

まずはできなくてもいいので、チュートリアルの動きを自分のLive2Dモデルで再現してみましょう。

完璧を目指さない

この段階では動きのクオリティは求めない方がいいです。

まずは機能の使い方や作り方の流れを知るために、ざっくりと作ってみましょう。

完璧な動きを実装させるのは後からの方がいいと思います。

Live2Dを上達するコツ

さてここからは今までの経験からLive2Dを上達するコツを解説していきます。

ちなみにチュートリアルが終わった前提のコツですので、まずは公式チュートリアルをこなしてください。

Live2D公式のモデルを見てみよう!

Live2DのホームページからLive2Dのサンプルモデルをダウンロードすることができます。

サンプルモデル集 | Live2D Manuals & Tutorials

FREE版であれば、「桃瀬ひより」というモデルがダウンロード可能です。

このモデルをダウンロードして、どうやって動かしているのか、どのように形状を変化させているのかを研究してみましょう。

特に顔のXYの動きが最初にぶつかる壁ですが、Live2D公式モデルを見ると参考になると思います。

動きごとで練習!

Live2Dは簡単な動きをつけるのは簡単ですが、クオリティの高い動きを実装するのはかなり難しいです。

僕も未だにプロレベルの人には到底及びません…。

顔のXYの動きや物理演算、特殊な表情などLive2Dでは様々な動きを実装することができます。

なので、動きごとでまずは練習した方がいいと思います。

2時間は顔のXYを練習して、2時間は物理演算を練習するなどそれぞれの動きごとで時間を区切って練習するといい感じの動きが作れると思います!

目元の動き

Live2Dでは目元は特に動かす部分です。

目元の動きのクオリティを上げる方法はいくつかあるので、この記事をぜひ参考にしてみてください。

ちょっとクオリティを上げるLive2Dのワンポイント解説〜目元の動き編〜
こんにちは。 さて今回はLive2Dの目元の動きのクオリティを上げる方法を解説していきます。 目元は人間の顔のパーツの中でも特によく動く部分です。 クオリティを上げられればリアリティに動かすことができるので、ぜひ参考にして...

顔のXYの動き

顔のXYの動きは初心者の人がまず最初につまずく動きです。

この動きに関してもコツがいくつかあるので、以下の記事を参考にしてみましょう。

ちょっとクオリティを上げるLive2Dのポイント解説〜顔のXYの動き編〜
こんにちは。 今回はLive2Dの顔のXY軸の動きに関してクオリティを上げる方法を解説していきたいと思います。 顔のXY軸の動きはみんなが最初に苦戦する動きかと思います。 僕も苦戦しましたが、この記事でうまく動かす...

勉強するのにおすすめのサイト

さて最後にLive2Dを勉強するのにおすすめのサイトをご紹介していきます。

Live2D公式チュートリアル

こちらは先ほども紹介しましたが、初歩的な使い方を解説してくれています。

これからLive2Dを始める人はまずはこのサイトから始めてみましょう。

ナナメnote

Live2D|ナナメ|note
Live2DやFaceRigに関する記事をまとめています。

こちらは「ナナメ」さんという作り手のサイトです。

Live2DでのテクニックやLive2Dと合わせてよく使われるFacerigでのおすすめ設定などを解説してくれています。

僕もこちらのサイトにはお世話になっております。

brian_tsuiさんのyoutubeチャンネル

brian_tsui
Hello, this is Brian (previously "imst"). You may leave me a private message in Youtube, but sometimes I miss them because the notification has been unstable...

こちらは中上級者向けになりますが、クオリティの高い動きを勉強することができます。

作り手の方は英語で話していますが、映像を見れば大体やっていることはわかるので、参考になると思います。

Live2Dを使いこなそう!

Live2Dは2,3日使えば簡単な動きの実装はできるようになるはずです。

しかし、そこからクオリティをあげるまでの道のりがとても大変です。

クオリティの高いモデルを作るにはそれなりの時間がかかります。

でも綺麗に動きをつけられた時の嬉しさは言いようのないものなので、ぜひみなさん練習してうまく動きをつけれるようになりましょう。

FacerigにLive2Dモデルを入れるには?

Live2Dと一緒によく使われるツールとしてFacerigというツールがあります。

Facerigとは作ったモデルを実際に動かすことのできるツールです。

今回の記事では解説しませんでしたが、FacerigにLive2Dモデルを入れることができます。

Facerigに導入する方法を知りたい人は以下の記事を読んでみましょう。

LIVE2DとFacerigを使った自作Vtuberの作り方!
こんにちは! フリーランスでVtuber制作をしているVtuberの解剖学者(@obakasahara)です。 なんと、先日僕が作ったLive2Dモデルがテレビで使われました。 今日の11時15分からの『ゲストは偉人さま』...

Facerigはバグが多い…

またFacerigにLive2Dを入れるにあたってバグが結構あります。

モデルが表示されなかったり、モデルが動かなかったりといったことがよく起こるんですよね。

そんなバグは以下の記事にまとまっているので、参考にしてみてください。

【2019年】Live2DのモデルをFacerigに導入するときのバグまとめ
こんにちは! 最近はVtuber制作依頼が少なめのかさはらです。 今回はLive2DのモデルをFacerigに導入するときに起きるバグをまとめます。 「モーションが動かない!」 「キャラクターが表示されない!」 ...

Vtuber制作を承ります!

現在、Vtuber制作を請け負っております!

2D・3Dどちらも制作可能ですし、知識ゼロの方にも動かせるまでサポートします。

僕の制作実績やお値段を知りたい人はこちらから。

【2D・3D】Vtuber制作実績一覧
こんにちは! 現在フリーランスでVtuber制作をしているかさはら(@obakasahara)です。 このページでは今まで僕が制作したモデルのポートフォリオをまとめてみます。 ご依頼を希望の個人・企業は参考にしてみてくださ...

依頼したい人は「お問い合わせ」かtwitter(@obakasahara)までご連絡ください。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました