ちょっとクオリティを上げるLive2Dのポイント解説〜顔のXYの動き編〜

2Dモデル

こんにちは。

今回はLive2Dの顔のXY軸の動きに関してクオリティを上げる方法を解説していきたいと思います。

顔のXY軸の動きはみんなが最初に苦戦する動きかと思います。

僕も苦戦しましたが、この記事でうまく動かすコツをご紹介していきたいと思います。

まずはチュートリアルを見てみよう!

【公式】Live2D Cubism 3 基本チュートリアル 5:顔のXYの動き付け

まずはLive2D公式のチュートリアルを参考にしてみましょう。

顔のXYの動きに関してはチュートリアルにかなり詳しくポイントがまとめてあります。

5.顔のXYの動き付け | Live2D Manuals & Tutorials

デフォーマを使おう!

特にチュートリアルで注目したいのが、デフォーマです。

顔のXYの動きは多くのパーツを動かすので、デフォーマは必須になります。

チュートリアルにあるようにパーツごとでデフォーマできちんとまとめましょう。

顔のXYのクオリティを上げるコツ!

さてここからはチュートリアルで書いていない顔のXYのクオリティを上げるコツを解説していきたいと思います。

XYの動きのクオリティを上げるコツは以下の4つです。

  • つむじの位置は基本的に動かさない
  • あごの位置を意識する
  • 後ろ髪を大きめに動かす
  • 首・目線を一緒に動かす

つむじの位置は基本的に動かさない

XYの動きをつけるときにはつむじの位置を意識しましょう。

つむじは基本的に動かさないようにすると、綺麗に回転させることができます。

人が左右に首を振る時もつむじの位置は変わりませんよね。

つむじを動かさずに、他のパーツだけ左右に動かすように意識してみましょう。

あごの位置を意識する

チュートリアルではあまりあごの位置を動かしていませんが、僕は動かした方がいいと思います。

あごの位置を意識すると、より動いている感じを出せます。

あごの位置を軸として角度を決めると、綺麗に動かせるかなと思います。

でもあまり動かし過ぎるとしゃくれているように見えてしまうので、注意しましょう。

後ろ髪を大きめに動かす

この映像だと少しわかりにくいですが、後ろの髪を大きめに動かすといい感じに動きます。

後ろ髪を割と大きめに動かすことで、回転しているように見せることが可能です。

より立体的に表現できると思います。

首を一緒に動かす

顔を動かしたら当然首も動くので、顔のXYの動きに一緒に首の動きもつけましょう。

また目線も一緒に左右に動かすと、左右をみている感じを出すこともできます。

顔のXYの動きは難しい

正直、顔のXYの動きが1番難しいと思います。

動かすパーツが多いですし、イラストによって見え方は変わるので、イラストごとで作り方は変わると思います。

今回紹介したのはほとんどのイラストで応用できるコツなので、参考にしてみてください。

他にもコツを見つけ次第、随時更新していきますので、お楽しみに!

また他にもこんなやり方があるよ!って人はtwitter(@obakasahara)までご連絡ください。

【関連記事】

ちょっとクオリティを上げるLive2Dのワンポイント解説〜目元の動き編〜
こんにちは。 さて今回はLive2Dの目元の動きのクオリティを上げる方法を解説していきます。 目元は人間の顔のパーツの中でも特によく動く部分です。 クオリティを上げられればリアリティに動かすことができるので、ぜひ参考にして...
ちょっとクオリティを上げるLive2Dワンポイント解説〜髪揺れ編〜
こんにちは。 普段はLive2Dを使ってVtuberを作っています。 さて今回は「髪揺れ」に関してコツを書いていきたいと思います。 Vtuberにとって髪揺れはかなり重要な動きです。 髪揺れによって、結構見栄えが良く...

Vtuber制作を承ります!

現在、Vtuber制作を請け負っております!

2D・3Dどちらも制作可能ですし、知識ゼロの方にも動かせるまでサポートします。

僕の制作実績やお値段を知りたい人はこちらから。

【2D・3D】Vtuber制作実績一覧
こんにちは! 現在フリーランスでVtuber制作をしているかさはら(@obakasahara)です。 このページでは今まで僕が制作したモデルのポートフォリオをまとめてみます。 ご依頼を希望の個人・企業は参考にしてみてくださ...

依頼したい人は「お問い合わせ」かtwitter(@obakasahara)までご連絡ください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました