1日で習得できる!Vroid Studioの使い方を徹底解説!

3Dモデル

最近Vtuberの引退多いね。

こんにちは。

僕は普段Vroidを使ってVtuber制作をしております。

3Dモデルは大体10体以上は依頼を受けて作っていますね。

大体こんな感じのモデルを作っています(このモデルの服はBlenderというツールで作ってます)

Vroidも使い慣れてきたので、今回はVroidの使い方を包括的に解説していきたいと思います。

Vroidは1日あれば使えるようになるので、この記事読んで使ってみましょう。

Vroidとは?

VRoid Studio – the first 3D character design software for illustrators

Vroidとは超簡単にモデリングができるツールです。

Vroid以前は3Dモデルを作るとなると、モデリングの勉強が必要でしたが、Vroidでは直感的に3Dモデルを作ることができます。

実際に使ってみればわかりますが、かなり使いやすく、全然1日あればモデルを作ることが可能です。

他にも3Dモデルを作るツールとして「Vカツ」というツールがありますが、Vカツよりも作れるモデルの自由度が高いですね。

僕はVroidをかなりおすすめしているのですが、おすすめポイントは以下の記事にまとめました。

Vroidとは?Vtuber制作者が機能やおすすめポイントを紹介!
こんにちは! フリーランスとしてVtuber制作をしているかさはら(@obakasahara)です。 僕は普段Vtuberを作っていまして、そこそこ販売実績もあります! さて今回は超簡単にモデリングをすることができ...

Vroidをダウンロード

さてここから具体的にVroidの使い方を解説していきたいと思います。

まずダウンロードしてない人は、以下のサイトからVroidをダウンロードしましょう。

VRoid Studio | VRoid
VRoid Studioは、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できるWindows・Mac用アプリケーションで、どなたでも無償でご利用いただけます。作成した3Dモデルは、VR/ARコンテンツ内でアバターとして利用するなど、商用・非商用を問わず、さまざまな用途に活用できます。

Vroidをインストールすると、この画面が表示されるので、新規作成のボタンを押すと、男性・女性を選択できます。

今回は女性を選択してみます。

この画面からモデルを編集できます。

PCはそれなりのスペックが必要

VroidはMac・Windows対応なので、どちらのOSでもダウンロード可能です。

容量が500MBと少し大きめなのと、動作は少し思いので、Vroidを使うにはそれなりのスペックのPCが必要になります。

Vroid開発にかかわるまじかるさんによると、メモリは8GB以上あれば心配なさそうです。

まあそこまでハイスペックである必要はないですが、安いノートPCとかだと厳しいかもしれないので、注意しましょう。

まずは基本操作を覚えよう!

インストールしたら、まずは基本操作を覚えましょう。

僕はマウスを使用していますが、基本操作は以下の3つさえ覚えておけば大丈夫です。

右クリックの移動視点の回転
マウスホイール拡大・縮小
shift+左クリックの移動視点の移動

僕はMacなので、Windowだと違うかもしれませんがこの3つの基本操作でVroidは大丈夫です。

簡単な操作でいじれるのが、Vroidの魅力ですね。

顔のパーツの作り方

まずは顔のパーツから解説していきたいと思います。

顔のパーツは1番右の「顔編集」のタブからできます。

顔のパーツは右側のパラメータを調節することで形状を変えることができます。

顔のパーツの中で、変えられるのは以下のパーツです。

1番形状を変えられるのが、目元です。

人間の印象は目元で結構変わると思うので、使ってみればわかりますが、かなり多くのパラメータが用意されています。

0~1のパラメータを調節することで、色んな顔を作ることができます。

こんな感じでキリッとした顔も作れますし、

こんな感じで柔らかい印象の顔も作れます。

この機能は使ってみればわかると思うので、特に解説はしません。

テクスチャを編集しよう!

形状をパラメータで変化させることも可能ですが、テクスチャを変えて色や形状を変えることも可能です。

テクスチャというタブを選択すると、テクスチャを加工することができます。

パラメータを変えるよりも、テクスチャを直接書いた方が自由度が高くモデルを制作することが可能です。

左側のタブから編集する部位のテクスチャを選択できます。

眉毛などは基本色とかげ色を調節することで、色を簡単に変えられます。

メイン画面では直接テクスチャを編集することもできます。

テクスチャの編集に関してはここで書くと長くなるので、以下の記事にまとめました。

Vroidで服装や顔のパーツのテクスチャを編集する方法!
こんにちは。 さて今回はVroidでテクスチャを編集する方法を解説していきたいと思います。 Vroidではテクスチャを編集することで、様々な服装や顔のパーツを作ることが可能です。 テクスチャを編集する こちらがテクス...

このテクスチャ編集を使いこなせれば、かなりモデルの編集の幅が広がるので、頑張ってみましょう。

髪型を作ろう!

次に髪型編集の機能に関して解説します。

Vroidの機能の中で、髪型を作る機能が1番充実しています。

髪型によって、人の印象はかなり変わりますよね。

Vroidではかなり色んな髪型を作ることができます。

こんな髪型だったり、

こんな髪型だったり、

こんな髪型なども作れます。

この髪編集の機能はかなり多様なので、こんな感じで編集次第で色んな髪型を再現できるんですね。

髪はブラシでクリックしながら、ドラックするとこのように髪を1本作れます。

これを繰り返すことで、髪型を作っていきます。

右側のタブでは、色や髪の形状を調節できます。

このように色を調節したり、

パラメータを調節して、髪束を細くしたり、

このようにねじったりもできます。

また形状を調節することもでき、右側の流線を調節することで、毛先を細くしたりもできます。

このように髪型を作る機能はめちゃくちゃたくさんあります。

うまく作るためのコツなども合わせて解説すると、とても長くなるので、髪型の作り方は以下の記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

Vroidの髪型の作り方!うまく作るための4つのコツ
最近趣味でゲーム作り勉強してます。こんにちは。 さて、今回はVroidの機能の中でも1番の肝、髪型の作り方を解説していきたいと思います。 Vroidでは髪型に関する機能が多いので、多種多様な髪型を作ることが可能です。 こん...

髪揺れも実現可能!

Vroidではなんと「髪揺れ」も実現することができます。

こんな感じで髪揺れの物理演算を実装することができます。

もし一からモデリングツールで実装するとめんどくさいので、これはかなり便利な機能です…。

ぜひVroidで髪の毛を作るときはこの髪揺れ機能をつけてみましょう。

この機能も以下の記事にまとめてあるので、知りたい人は以下の記事で!

Vroidの髪型の作り方!うまく作るための4つのコツ
最近趣味でゲーム作り勉強してます。こんにちは。 さて、今回はVroidの機能の中でも1番の肝、髪型の作り方を解説していきたいと思います。 Vroidでは髪型に関する機能が多いので、多種多様な髪型を作ることが可能です。 こん...

体型を調節しよう!

体型は顔のパーツと同じようにパラメータを調節することで、変形させることが可能です。

体のパーツは以下のパーツを調節可能です。

まあ顔のパーツを作るときと同じですね。

こちらもテクスチャを描くことによっても、加工することも可能です。

特に体の色などを変えたい場合は基本色などを変更するといいと思います。

顔の色と統一するべき

体の色は顔の色と統一しましょう。

統一する方法は簡単で、基本色のRGBをコピペするといいと思います。

服を作ろう!

Vroidでは服はそこまで充実していません。

服の種類は女性が大きく分けて3つ、男性が1つしかありません。

女性の服装は以下の3つです。

制服(長袖・半袖)+スカート

ワンピース

制服(長袖・半袖)+スボン

男性は制服+ズボン(長袖・半袖)のみです。

服を作るにはテクスチャを書き換えるか、新しくBlender等で作るしかないでしょう。

僕は服装はBlenderで作っています。

テクスチャで作る方法は形状の変化はできないので、新しい形の服は作ることができないのがデメリットですね。

なので、僕はBlenderで作っています

Blenderで服を作る時の方法は以下の記事をみてください。

VroidとBlenderで作った3DモデルをUnityでVRM出力する方法①
こんにちは! フリーランスとしてVtuber制作をしているかさはら(@obakasahara)です。 僕は普段Vtuberを作っていまして、販売実績もあります! 【お知らせ】 依頼多数のため、Vtuber制作の依頼を ...

オリジナルの服を作りたい場合は、モデリングかイラストのどっちかのスキルが必要になるので、もし作りたい人は勉強しましょう。

また、ネット上でVroidの服装を無料公開している人もいるので、以下の記事もみてみるといいかもしれないですね!

【着用画像あり】Vroidで使える配布衣装・テクスチャ20選その1【全部無料】
    この記事ではブイロイドスタジオで使えるテスクチャを配布されてるサイトやツイートを2 ...

もしテクスチャを描いてみたい人は以下の記事を参考にしてみましょう。

VRoidの服のテクスチャを解説【切り貼りから境界線の処理まで】
VRoidの服のテクスチャは切り貼りするだけで簡単って本当?色を変える時はグラデーションマップを使うって本当?←こんな疑問に答えます。(内容)VRoidの服のテクスチャを解説【テクスチャ切り貼りで簡単】/VRoidの服のテクスチャをより綺麗に見せる方法

共通設定を調節しよう!

こちら最後に共通設定に関しての解説です。

共通設定では体に当たる光の調節と目の可動域を調節できます。

こんな感じで、体に当たる光をなくすことが可能です。

目の可動域はパラメータで調節が可能です。

まあこれらの設定はそこまでいじる必要はないと思います。

オリジナルモデルを作ろう!

これでVroidの作り方は終わりです!

Vroidはかなり簡単に使えるツールなので、正直使ってみるのが1番の上達の近道です。

Vroidインストールしてない人は速攻インストールして、とりあえず触ってみましょう。

VRoid Studio | VRoid
VRoid Studioは、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できるWindows・Mac用アプリケーションで、どなたでも無償でご利用いただけます。作成した3Dモデルは、VR/ARコンテンツ内でアバターとして利用するなど、商用・非商用を問わず、さまざまな用途に活用できます。

Vroidのモバイル版も!

2019年にVroidはモバイル版もリリースされました!

モバイル版はPC版と少し仕様が違いますが、僕も使ってみました。

機能や使い方を以下の記事で解説しています!

PC版との違いは?Vroidモバイルの使い方や機能解説!
Perception Neuronほしい。こんにちは。 さて今回は最近リリースされた「Vroidモバイル」についての記事です。 PC版Vroidは僕もお世話になっているツールで、とても便利なツールです。 このVro...

Vroidで作ったモデルを編集したい!

Vroidでは正直編集できないことは割とあります。

装飾だったり、服装だったりはVroid上で作り込むのは難しいです。

そんなときはBlenderというツールに持っていって編集する必要があります。

この方法は割と手順が複雑なので、以下の記事にまとめました。

VroidとBlenderで作った3DモデルをUnityでVRM出力する方法①
こんにちは! フリーランスとしてVtuber制作をしているかさはら(@obakasahara)です。 僕は普段Vtuberを作っていまして、販売実績もあります! 【お知らせ】 依頼多数のため、Vtuber制作の依頼を ...

Blenderで編集してさらに理想に近いモデルを作ってみましょ。

Vtuber制作を承ります!

現在、Vtuber制作を請け負っております!

2D・3Dどちらも制作可能ですし、知識ゼロの方にも動かせるまでサポートします。

僕の制作実績やお値段を知りたい人はこちらから。

【2D・3D】Vtuber制作実績一覧
こんにちは! 現在フリーランスでVtuber制作をしているかさはら(@obakasahara)です。 このページでは今まで僕が制作したモデルのポートフォリオをまとめてみます。 ご依頼を希望の個人・企業は参考にしてみてくださ...

依頼したい人は「お問い合わせ」かtwitter(@obakasahara)までご連絡ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました