【Live2D】パーツやデフォーマを反転コピーする方法

Live2D

こんにちは。

さて今回はパーツやデフォーマを反転コピーする方法を解説していきたいと思います。

このノウハウをマスターすると、かなり作業効率化することができます!

しかも簡単なので、ぜひ試してみてください。

反転コピーとは?

反転コピーとは、パーツをコピーして反転することを指します。

これによって、瞬きなどを片目だけ作ってコピーするだけで、動きもコピーすることができます。

この反転コピーは左右対称のモデルの時に使えるノウハウで、大幅に作業を効率化することができます。

今回は上記のように目元パーツを反転コピーしていきます。

反転コピー前に動きを付ける

まず反転する前に、左右対称パーツの片方だけに動きを付けます。

目元を反転コピーする場合、以下の動きを片目だけ作ります。

  • 瞬きの動き
  • 視線の動き

反転コピーをする前に、目元や眉毛の動きを付けておきましょう。

瞬きに眉毛の動きも付けているので、眉毛も今回は反転コピーします。

表情も先に作ろう!

もし表情を作る場合は反転コピーをする前に、表情も作りましょう。

表情も一緒に反転コピーすることが可能です。

ただ、表情は片目だけだと作りずらいので、反転コピーした後に微調整すると、良いと思います!

顔のXYの動きを付ける前に反転コピーしよう

顔のXYのパラメータにも、目のデフォーマを使っているかと思いますが、こちらは動きを付ける前に反転コピーしましょう。

顔のXYのパラメータは反転コピーでは作れないので、XYを作った後に反転コピーをしてしまうと、二度手間になります。

反転コピーのやり方

動きを作ったら、反転コピーをしていきます。

まずは何もないところをクリックし、空の回転デフォーマを生成します。

左右対称のモデルの場合、基本的には中央に回転デフォーマが生成されるはずですが、モデルの位置がずれていたりすると、中央に生成されない場合があります。

この場合は生成してから、中央に持っていきましょう。

正面イラストの場合はあごが中心に来るので、ここに配置するといいと思います。

選択パーツ・デフォーマをコピぺ

今回は右目を反転コピーしていくので、右目に関するパーツやデフォーマをコピペします。

今回は右目と右眉毛に関するパーツとデフォーマをコピぺします。

一番親のデフォーマを選択して、右クリックし、「子を含めて選択」をすると楽に選択可能です。

生成されたコピーを空の回転デフォーマに入れます。このような感じですね。

それから、反転コピーをすれば完了です!

空の回転デフォーマを選択しながら、形状の編集→反転からパーツを反転します。

これで反転コピーの完了です!

動きや描画順を微調整

反転コピーはこれで完了ですが、次に動きや描画順を微調整する必要があります。

まずコピーしたパーツは描画順がおかしくなるので、パーツパレッドで整理しましょう。

瞬きを左目のパラメータに移す

反転コピーでは瞬きのパラメータに、両目の動きがついてしまいます。

左目の動きは左目のパラメータに移しましょう。

左目のパーツとデフォーマを選択し、変更から「左目 開閉」を選択すれば移すことができます。

目の動きを調整

目の動きもこのようにおかしくなってしまっています。

これも修正していきましょう。

確認すると、Y軸の動きは修正する必要がなさそうなので、X軸のみ反転すれば修正完了です。

パーツやデフォーマの名前を変更する

最後にパーツやデフォーマの名前を変更しましょう。

こちらは検索と置換を利用すると効率的に行えます。

例えば、右眉毛に関連するデフォーマを左眉毛と変換するとします。

  1. 表示→検索と置換を選択
  2. 眉毛と入力
  3. 左眉毛に変換するデフォーマを選択
  4. 置換前に「右」、置換後に「左」と入力して置換

左右対称パーツは反転コピーしよう

今回は目のパーツを反転コピーしてみましたが、左右対称パーツであれば反転コピーを使えます。

特に髪パーツは揺れを作った後に反転コピーを使えば、両方の揺れを作る必要がありません。

ただ、イラストによって形状が異なるので、万能な方法ではありません。

イラストによっては反転コピーできないイラストもあるかもしれません。

その辺はイラストを確認しながら、反転コピーを利用してみましょう!

反転コピー以外にも作業を効率化する方法を知りたい人はこちら!

Live2Dで効率的に作業するためのノウハウまとめ
こんにちは。 何事にも効率化は大切ですよね~。 僕はLive2Dに触れ始めてから1年ほどですが、今回はそんな...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました