【Live2D】色んな表情に使える!舌出しの作り方

Live2D

こんにちは。

さて、今回は舌出しの作り方を解説していきたいと思います。

今回作る動きはこのような動きです。

この舌出しは簡単に実装できるので、ぜひ作ってみてください。

まずは舌と口内をパーツ分けしよう!

まずはイラストのパーツ分けをしましょう。

舌を動かすためには舌と口内のパーツを分ける必要があります。

このように舌と口内のパーツを分けましょう。

また、歯のパーツがある人は上下でパーツ分けをきちんとしてください。

後述しますが、上下で歯をパーツ分けすることで、口を開けたときもきちんと舌を出すことが可能になります。

これでパーツ分けは完了です!

Live2Dで舌出しを作る

パーツ分けが完了したら、Live2Dで舌出しの動きを作っていきいます。

今回用意するパラメータは以下の2つです。

パラメータ名パラメータ範囲
舌出し0~1
舌順序入れ替え0~1

このパラメータに関して詳しくは後述するので、とりあえず作ってしまってください。

まずは上口の描画順を変える

まずは口部分の描画順を変更します。

上口の部分は他のパーツより、描画順を10プラスしてください。

こうすることで、舌を出しても上口だけ舌に重なる形となります。

パラメータに動きを付ける

次に「舌出し」のパラメータに舌のパーツを対応させ、1のときに舌の描画順を10足しましょう。

舌の絵画順を足したら、動画のように舌を下に伸ばせば舌が出る動きがになります。

舌のみ描画順を上げてもこのようになってしまうので、上口は事前に描画順を挙げておきましょう。

ここで口を閉じた状態の動きは完成ですが、開いた状態でも舌を出せるように動きを作っていきます。

口を開けた状態で舌を出す

次は口を開けた状態で、舌を出していきます。

今の状態だと、こんな感じになるはずです。

これでもいいのですが、舌がすぐに前に出てきてしまうので、これを調整します。

舌出しのパラメータの前半に点を打ち、その点で描画順をもとの数値に戻し、少し舌を上げます。(今回の場合は500)

こうすることで、口を開けた状態でも自然な動きを作ることが可能になります。

半開き状態での調整

これだけでも、十分使える動きが完成しますが、このままでは口が半開き状態だとまだ違和感があります。

このように、上の歯より舌が前に出てくる形になってしまうので、これを「舌順序入れ替え」のパラメータで変更します。

 

「舌順序入れ替え」のパラメータに上の歯を対応させ、パラメータ数値が1の時に上の歯の描画順をプラス10しましょう。

こうすることで、半開き状態でもきちんと舌出しの動きができます。

口を閉じてるときには0に

「舌順序入れ替え」を1の状態のまま口を閉じると、このように歯が前に来てしまうので、口が開いているときのみこのパラメータを使いましょう。

アニメーションを作るときには、口が開いているときと、閉じているときで切り替えて使用するといいと思います。

色んな表情に使える

この舌出しの動きは色んな表情に使うことが可能です。

例えば、以下のアニメーションの最後にはこの舌出しの動きを使っています。

少し茶目っ気のある表情を再現することが可能です。

【Live2Dアニメーション集】じゃんけん

他には「あっかんベー」の表情を作ったりもできると思いますし、アイデア次第で色々組み合わせられると思います。

ぜひ作ってみてください!

Live2Dモデルをクオリティアップしよう!

Live2Dでは知っているだけで、クオリティアップできるノウハウはたくさんあります。

以下の記事では1年以上仕事・趣味でLive2Dを触ってきた中で培ったノウハウをまとめています。

他にもトップクリエイターさんがネット上で、提供してくれたノウハウなどもまとめてあります!

ぜひ参考にして、Live2Dモデルのクオリティを上げてください!

上級者になろう!Live2Dモデルをクオリティアップさせる方法まとめ
こんにちは。 Live2Dでは、知っているだけでクオリティアップできるノウハウはたくさんあります。 色んなL...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました