【Blender2.8】面の差し込みの使い方を解説

Blender

こんにちは!

Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。

Blenderを勉強して、アウトプットの場としてそれぞれの機能を簡単にまとめられればと思っています。参考にもなれば嬉しいです!

さて今回は、面の差し込みを紹介したいと思います。

便利な使い方をまとめるので、そちらまでぜひ見てみてください!

面の差し込みとは?

面の差し込みとは、編集モードで選択した面の同一平面上の内側に面を差し込む機能です。

新しい面を内側に作ることができます。点や辺には使うことはできません。

単純に新しい面を作るだけでなく、色々な形で面を差し込むことができます。

複数の面を選択して1つ1つの面に面を差し込んだり、

新しい面の深さ(高さ)を定義することもできる。

面を差し込んだ直後に画面上部に出てくるバーには、それぞれの機能のオン/オフができるキーが書いてあります。

また、面を差し込み終わると出てくるオペレーターパネルでも設定することができます。

差し込んだ面のまわりの部分の幅は、ここでのみ変更することができます。

面の差し込みの使い方

面の差し込みを使う方法は3つあります。

  • ショートカットキー
  • ツールバー

基本のショートカットキー

面の差し込みのショートカットキーは”I”です。

Iを押して、ドラッグすることで面の差し込みが行えます。

面の差し込み=”Inset face”なので、頭文字の”I”と覚えましょう!

以下の2つは補足程度でいいでしょう。

ツールバー

編集モードで画面右側に出てくるツールバーというツール一覧の中にあります。

選択すると切り替わり、面の差し込みが使えます。

  1. 面を差し込む

編集モードで画面上部にある面から順に開いていくと使うことができる。

面の差し込みの便利な使い方

面の差し込みを活用した便利な使い方を2つ紹介したいと思います。

  • 面を二重にする
  • 面に穴を開ける

I + 左クリック

面の差し込みを実行した後に、そのまま左クリックで確定すると選択面に重ねって新たな面が出来上がります。

右クリックでキャンセルすると消えます。

押し出しでも!

これは押し出し(E)でも同じことができます。しかし、キャンセル後の挙動で違いがあります。

押し出しで残ってしますのはバグなのでしょうか?

始めたばかりで苦労させられたので直して欲しいですね。

失敗しないためにも面の差し込みで面の二重化をおすすめします!

  • 面の差し込み → キャンセル後、面が残らない
  • 押し出し   → キャンセル後、面が残る

見ないと分からないと思うのでコチラを見てください。

分かりやすいように細分化モディファイアーを付けました。

拡大縮小を使って、外側に段差を作ることができます。

内側は面の差し込みと押し出しなどだけでいけますが、外側に作りたい場合はこの方法があります。

他には細分化モディファイアー中に、ソリッドな面を作りたい時に役立ちます。

ループカットで整えると綺麗な面になりましたね。

I + X

新しい面を差し込んんだら、その面を削除すると穴ができます。

細分化をすると丸い穴を作ることもできます。

面の差し込みの深度

面を差し込んだ後に深度を設定すると、直角に面を沈ませたり、浮かび上がらせたりすることができます。

面をグラブや押し出しで作ることとの違いは、球状の際にオブジェクの中央を中心に面の深度を作れる所です。

もしよかったらコチラも見てみてください!

この深度の特性を活かして、キャップの溝を作っています。

【blender2.8】簡単にできるキャップの作り方 !
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 先日、ラーメンのテイクアウトをしました...

まとめ

どんどん形状を広げていくモデリングには必須の機能ですね。

早く使いこなして、Blenderを自由に操れるようになりたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました