【blender2.8】ビューの分割を使って快適に作業する方法を解説!

Blender

こんにちは!

Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。

Blenderを勉強して、アウトプットの場としてそれぞれの機能をまとめられればと思っています。参考にもなれば嬉しいです!

さて今回はビューの分割について解説していきたいと思います。

ビューの分割とは?

ビューの分割とは、ビューを何画面も作れる機能です。

こんな感じで自由にビューを設定できます。

ビューをぐりぐり動かさずに色々な角度からオブジェクトを一度に見ることができたり、レンダリングを確認しながらオブジェクトを変更したりできます。

ビューの分割を使いこなせば、より快適な作業になること間違いなしです!

ビューの分割の使い方

コチラのチュートリアルで初めてビューの分割を使いました。

そんなに作るのは難しくなく、基本操作・モディファイが出てくるのでおススメです。

下絵もくださるのでダウンロードして挑戦してみてください!

下絵を正面から・上から・右からと設定することでビューを切り替える必要なく、3面の作業をすることができました。

コチラでは手動で設定していましたが、ショートカットキーで設定できます。その方法は後述します。

設定の仕方はとても直感的で簡単なので、さっそく設定してみましょう!

ビューの分割の設定方法

まず、ビューの分割はこの赤い線状(ビューと他の境目)にカーソルを持っていきます。

そうすると、下の画像のように普段のカーソルから変わるので右クリックしてください!

以下の画面が出たら第一段階終了です。

ビューの垂直・水平分割

上の写真のように、ビューの分割には2種類あります。

  • 垂直分割
  • 水平分割

このように好きなほうを選んで分割しましょう。

先ほど紹介したチュートリアルだとこんな感じで4分割しています。

ビューの結合・交換

ずっと分割していてもやっている作業や画面の大きさによっては邪魔になると思います。

そんな時は分割したビューを結合して解除しましょう。

最初に分割した時と同様に、分割したビューの境目にカーソルを合わせて右クリックします。

そうするとエリアの結合、エリアの交換が出てきます。

分割した部分のみ結合を行うことができます。

明るくなった画面が結合後に残る画面です。

結合を間違えるとやり直し(Ctrl + Z)では戻せません。これは分割の機能共通です。

その場合は視点を調整して戻します。手間は増えますがデータが消えるなんて程ではないので気にせず進めていきましょう。

交換は右クリックした場所に隣接している画面の位置を交換します。

適宜、お好みで画面の配置を変えてみて下さい!

便利な使い方

使えるようになりましたが、いつ使えばいいのか始めたばかりだとハッキリしませんね。

そこで、今まで分割を使ったタイミングなどから便利な場面、これだけは覚えていてほしい4分割のショートカットを紹介します!

まだまだ少ない経験ですが、増えたら追記します。

Alt + Ctrl + Q

このショートカットキーは画面を一瞬で4分割してくれる、ちょー便利なショートカットキーです。

僕は手動で4分割していて知らなかったので衝撃的です。

ぜひ覚えてほしいショートカットキーですね。

ショートカットキーを実行すると一瞬で4分割されます。最高。

トップ、フロント、ライトの視点と透視投影の4視点に分割されます。

トップ、フロント、ライトは視点が固定されているので、間違って視点を動かしてしまうことはありません。

この点でも手動でやるより優れていますね。

カメラ・照明の設定時

レンダリング前の最終段階で使うときですね。

チュートリアルではほとんどの人がこうやっているのではないでしょうか。

違いは、人によって配置が違うくらいです。

僕の場合は左でレンダープレビュー、右はソリッドモードにしています。

左で最終的な出来上がりを確認しつつ、右でカメラ、照明を動かして調整していきます。

レンダープレビューだけでもちろんできます。が、カメラ固定をいちいちしなければならず面倒ですね。

また遠くから見ることができるので、これからオブジェクトや照明が増えていくと作業効率は段違いになっていきそうですね。

レンダーの勉強はほとんどしていないので、ここら辺はさらに使い込んで追記していければですかね。

このキャップの作り方はコチラで書いているのでぜひ見てみてください!

【blender2.8】簡単にできるキャップの作り方 !
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 先日、ラーメンのテイクアウトをしました...

まとめ

4分割のショートカットキーは便利すぎてびっくりしました。

下絵を使ったモデリングはまだ3回しかしていませんが、これからこのショートカットキーにはお世話になりそうです。

コチラの動画で紹介していたのでぜひ見てみてください!

Blender Beginner Modeling Chair Tutorial – Part 5: Curved Surfaces

コメント

タイトルとURLをコピーしました