【Blender2.8】マージの使い方:頂点の整理・重複頂点の削除に活用しよう!

Blender

こんにちは!

Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。

Blenderを勉強して、アウトプットの場としてそれぞれの機能をまとめられればと思っています。参考にもなれば嬉しいです!

さて今回はマージについて解説します。マージは特に重複頂点を作らないためにも理解しておくことが重要だなと感じます。

マージとは?

マージとは、複数の頂点を1つにまとめる機能です。

動画の最後でもエッジスライドさせた頂点が1つになっていることがわかります。

メッシュ整理やモディファイアーの使用時など不要な頂点があることで不具合が起こるのでマージして1つにすることは欠かせない作業です。

旧バージョンでは[結合]だったそうですが、2.8以降では[マージ]という名称になったようですね。

”頂点”をマージ

先ほども述べましたがマージは、複数の頂点を1つにまとめる機能です。

なので辺や面、オブジェクトをマージすることは出来ません。

正確には辺や面、オブジェクトを選択すると構成される1つ1つの頂点が対象になるので、複数の辺がそのまま1本の辺になるといったことはできません。

動画では辺を選択していますが、両端の頂点が1点でマージされています。

マージの使い方

マージを実行する方法を2つ紹介します。

紹介はしますが、基本的にはショートカットキーを覚えて使うのが無難かと思います。

  • ショートカットキー
  • 3Dビューポート

基本のショートカット

マージのショートカットキーは”M”になります。

Mを押すと以下の項目が出てくるので、任意のものを選択すると実行されます。

間違えて”M”を押してしまっても大丈夫。押してだけでは何も起こらないのです。

マージは英語で”Merge”なので、その頭文字の”M”と覚えましょう。

3Dビューポートから

3Dビューポートからもマージを実行することができます。

因みに、公式のBlenderマニュアルで画面の名称は以下のように名づけられているようです。

引用:https://docs.blender.org/manual/en/dev/interface/window_system/workspaces.html

まずはショートカットキーと同じように編集モードにします。

3Dビューポートの左上にメッシュという項目があるので選択し、更にマージを押すと項目が出てくるので実行したい機能を選択します。

  1. 編集モードに変更
  2. 3Dビューポートのメッシュを選択
  3. マージから任意の項目を選択

マージの種類

マージの種類は以下の6つあります。

  1. 最初に選択した頂点に
  2. 最後に選択した頂点に
  3. 中心に
  4. カーソル位置に
  5. 束ねる
  6. 距離で

最初/最後に選択した頂点に

[最初/最後に選択した頂点に]は、最初/最後に選択した頂点にそれ以外の頂点をマージします。

以下の動画では最初に真ん中の頂点を選択して、最後に左の頂点を選択しています。

最後に選択した頂点は白くなっているのでわかりやすいですね。

この2つは自分で使いやすい方を使えばよいかと思います。

複数選択した頂点の場合は順序にカウントされないので、それ以外の単体で選択した順序に準拠します。

中心に

[中心に]は、選択した頂点の中心位置に、選択頂点がマージされます。

カーソル位置に

[カーソル位置に]は、3Dカーソルの位置に選択頂点がマージされます。

3Dカーソルの位置に準拠するのでかなり自由度は高いですね。

3Dカーソルの操作についてはコチラをぜひ見てみて下さい!

【Blender2.8】3Dカーソルの使い方:3Dカーソルを使いこなして快適モデリングを!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

束ねる

[束ねる]は、つながっている頂点同士の中心にマージします。

動画では横一列の頂点はマージされていますが、上の接続していない頂点はマージされていません。

距離で

[距離で]は、設定した距離よりも選択頂点間の距離が短くなった時に、選択頂点の中心位置でマージされます。

複数選択をすると頂点間距離が設定距離以下になったなったもの同士でマージされます。

先ほど紹介した[中心に]の条件に距離が付いた感じですね。

マージを実行後に出てくるで結合距離を調整しましょう。

重複頂点を削除

同じ場所に複数の頂点がある状態を重複頂点と言います。

・重複頂点ではない:接している辺がオレンジ色になっていない

・重複頂点:接している辺がオレンジ色になっている

上の比較写真は超重要です!重複頂点を見分けられるようにこの違いを理解しておきましょう。

重複頂点があるとエラーが起きて正常に動かないことがあるので、削除しておくことは重要です。

オブジェクトを全選択(ショートカットキーは”A”)してマージを実行する癖を付けておいてもよいですね。未だに怖いのでチェックしています。

特にBlenderを始めたての時期は押し出しや面の差し込みで余計な面を重ねて作ってしまうことが多々あります。

その時に役立つ機能ですね。ほんとに最初は知らず知らずのうちに頂点が増えていて、細分化が上手くいかないなど苦労しました。。

オートマージ

オートマージとは、頂点間の距離が設定距離以下になった場合に自動でマージしてくれる機能です。

先ほど紹介した[距離で]を自動で行ってくれる機能になります。

3Dビューポート内の[プロパティシェルフ](ショートカットキーは”N”)の[ツール]か、右側のプロパティの[アクティブツールとワークスペースの設定]から設定することができます。

注意点としては、細分化モディファイアーの使用中にソリッドな面を作るために面を重ねてもマージされてしまいます。

基本的には常時オンにしていてもいいかもですね。

マージされる距離の設定は自動マージを開くと出てくるしきい値で設定することができます。

まとめ

始めた時に重複頂点に気づかず悩んだことが多々あります。

マージはとりあえず重複頂点を作らないためにしかっりと覚えておくと吉です。

  • ショートカットキーは”M”
  • 重複頂点の削除に使おう

コメント

タイトルとURLをコピーしました