【Blender2.8】ループカットの使い方:分割や細分化後のエッジ作りに!

Blender

こんにちは!

Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。

Blenderを勉強して、アウトプットの場としてそれぞれの機能をまとめられればと思っています。参考にもなれば嬉しいです!

さて今回は、ループカットについてまとめていきます。

均等に分割したい時や、細分化後にエッジを作るためなどモデリング中には欠かすことのできない機能です。

ループカットとは?

ループカットとは、オブジェクトにぐるっと一周辺を入れることができる機能です。

デフォルトで辺の中央にループカットを追加することができます。

オブジェクトを細かくしていったり、サブディビジョンサーフェスと組み合わせるといった使い方になりますね。

ループカットの使い方

ループカットは画面左側のツールバーとショートカットキーから実行することができます。

ループカットを使うと画面左下に画像のプロパティが出てきます。

このプロパティでは色々な機能を使うことができます。

では、それぞれの機能を紹介していきます。

ショートカットキー:Ctrl + R

まずループカットのショートカットキーは、”Ctrl + R”です。

ショートカットキーを実行すると黄色い線が出てくるので、ループカットの位置と辺数を決めます。

ショートカットキーの方が便利なので覚えましょう!

分割数

オブジェクトにループカットを入れる辺数はカット数と呼ばれます。

黄色い線が出ている時に、マウスホイールの上下でカット数を変更します。

後で変更することも可能で、先ほど紹介したプロパティのカット数の項目で行えます。

スライド

カット数を決定した後に、位置を決めることができます。

この機能は移動でのエッジスライドと同じ機能になります。

【Blender2.8】移動の解説:移動を使いこなすことが快適作業への近道!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

ここではこの後に紹介する均等と反転、範囲制限(クランプ)のオン/オフを変更することができます。

スムース

スムースは、ループカットした辺を設定した形状に変更することができる機能です。

下にある減衰によって形状変化のパターンを設定でき、スムースのパラメータによって強度を変更することができます。

均一

均一は、隣り合うループカットの形状に合わせてループカットを入れることができます。

反転

反転は均一をオンにした状態で使うと、均一で合わせていた形状の逆の隣り合う辺に形状を合わせることができる機能です。

範囲制限

範囲制限はクランプといわれるもので、辺の外側にもループカットの頂点を作ることができます。

分かりにくいと思うので動画を見てみて下さい。

デフォルトではオンになっており、辺の範囲内でしかループカットができません。

範囲制限は特にいじることなく、そのまま使いましょう。

オフセット辺ループカット:Ctrl + Shift + R

オフセット辺ループとは、選択中の両側にループカットを加えることができる機能です。

選択の辺に対して均等な距離にループカットを加えることができます。

ショートカットキーは、”Ctrl + Shift +R”です。

範囲を選択することができるので一部のみにループカットを入れるといった使い方もできます。

サブディビジョン×ループカット

サブディビジョンサーフェスを使うと立方体は球体に近くなります。

しかし、Blenderは狭い面はよりエッジが鋭くなるという特性があります。

なのでループカットで全部の辺を寄せてあげると、ベベルしたようなきれいな立方体になります。

これを駆使することでよりリアリティのあるものを作ることができます。

ループカット以外にも、ベベルや面の差し込みなどでもエッジを滑らかにすることができます。

ベベルと面の差し込みについてはコチラにまとめてあるので、ぜひ読んでみて下さい!

【Blender2.8】ベベルツールの使い方:ベベルを使って滑らかな角を作成できる!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...
【Blender2.8】面の差し込みの使い方を解説
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

その時の状況によって最適なものを選べるようになれると良いのだと思います!

このいわゆるメッシュ整理は、とても難しい。。

少しづつ機能を使いこなして何回も使っていくしかないなという感じです。(Blender歴4ヶ月)

ループカットが途切れる

ループカットはオブジェクトにぐるっと一周辺を入れられる機能と言いましたが、繋がりきらないことがあります。

この原因は途中に4個以外の数の頂点がある面が存在していることです。

動画では3つと5つの頂点数の面ではループカットができていないことが分ります。

繋がらないなと思ったら、途切れた面の頂点数を確かめてみて下さい!

確かめる方法として、〔特徴で全選択〕という機能が便利です。

この中の〔Faces by Sides〕は設定した頂点数のメッシュのみ選択するので、4頂点にすれば瞬時に他の多角面が見つかります。(動画は面選択モードで実行)

使用方法は画面上部から〔選択〕→〔特徴で全選択〕→〔Faces by Sides〕です。

他の選択方法についてはコチラに書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

【Blender2.8】選択方法を解説:作業が更に楽になるかも!?
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

サブディビジョンと共によく使う機能!

サブディビジョンを使うと絶対に使う機能なので、よく使う機能ですね。

人型のモデリングでも、どんどんと細かくしていく際にも使います。

オフセット辺ループカットの存在を知らなかったのですが、使えそうなので覚えておきたいです。

  • ループカットのショートカットキーは、”Ctrl + R”
  • オフセット辺ループカットのショートカットキーは、”Ctrl + Shift +R”
  • サブディビジョンを使うなら必須機能
  • 途切れたら、途切れている面の頂点数を確認

コメント

タイトルとURLをコピーしました