【Blender2.8】ブーリアンの使い方:装飾づくりのお供!

Blender

こんにちは!

Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。

Blenderを勉強して、アウトプットの場としてそれぞれの機能をまとめられればと思っています。参考にもなれば嬉しいです!

さて今回はブーリアンについてまとめていきたいと思います。

ブーリアンとは?

ブーリアンとは、オブジェクトの重なり合う部分の処理をする機能です。

オブジェクトに丸い穴を開けたりなど、装飾を作るときなどに便利です。

 

ブーリアンの処理の種類は、3つあります。

  • 交差:重なり合った部分以外を削除
  • 統合:重なり合った部分を削除して結合
  • 差分:重なり合った部分とブーリアンの対象を削除

以下3つの紹介では、画像の立方体に円柱が刺さったものを使っています。

そして紹介時の画像は、円柱にブーリアンを使った時のそれぞれの形状になります。

交差

重なり合った部分以外が削除なので、円柱の立方体に隠れていた部分だけが残っています。

統合

重なり合った部分を削除して結合なので、見た目の変化は辺で2つのオブジェクトが繋がれているだけです。

ですが中を見てみると重なり合った部分が削除され、無駄なく結合しています。

複数のオブジェクトを統合(Ctrl + J)するのとは違い、1つのオブジェクトとしてまとめられる感じですね。

差分

差分がブーリアンのデフォルトになります。

選択オブジェクトを重なっている所も含めて削除している形状です。

アイキャッチの画像はこれで、立方体にテキストで穴を空けています

ブーリアンの使い方

ブーリアンを行うためには2つ以上のオブジェクトが必要になります。

この2つのオブジェクトは1つのオブジェクトになっている必要があるので、なっていなければ統合しましょう。(統合/Ctrl + J)

ここでは例として[差分]を使って、立方体に円柱で穴を空けてみます。

まず編集モードに切り替えます。

今回は円柱で穴を空けたいので、ブーリアンの対象となる円柱のみを選択します。

この時リンクという選択を使うと一瞬で円柱のみを選択できます。(リンク/L)

【Blender2.8】選択方法を解説:作業が更に楽になるかも!?
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

ブーリアンは編集モード中の画面右上[面]から使うことができます。

実行するとこのように穴が空きました。

左下のプロパティからブーリアンの設定を変更することができます。

スワップ

スワップはブーリアンの対象を入れ替える機能です。

先ほどの例でいうと、重なり合っていない円柱部分だけが残ります。

逆に、ブーリアンの対象を立方体にしてスワップすると立方体に円柱の穴が空くことになります。

マージのしきい値

マージのしきい値は、発生した頂点をマージする値です。

デフォルトから変更する必要はほぼ全くなさそうですが、動画のように0にすると重複頂点をマージしない設定にできます。

ブーリアンモディファイアー

ブーリアンはモディファイアーも存在します。

モディファイアーの特性上、オブジェクトのメッシュを直接変形させずに使えるのがよいですね。

ブーリアンモディファイアーは先ほどとは違い、それぞれのオブジェクトが別である必要があります。

まず立方体にブーリアンモディファイアーを付けます。

付けると以下の画面が出てきます。

その後に[オブジェクト]の欄に円柱を指定します。

指定する方法は、オブジェクト名か左側のスポイトマークを押すとカーソルが変わるので、それで任意のオブジェクトを選択する方法です。

演算ではブーリアンの種類を変更することができ、重複のしきい値は先ほどのマージのしきい値と同じになります。

アドオン:Bool Tool

ブーリアンモディファイアーを紹介しましたが、アドオンで便利な”Bool Tool”というものがBlender内にあります。

プロパティから設定する必要がなく、ボタン1つでブーリアンモディファイアーを実行できます。

アドオンとは、拡張機能のことです。

Blenderでより作業がしやすくなったり、出来ないことが出来るようになります。

アドオンを入れよう

デフォルトではオフになっているので使えるようにしましょう!

  1. F4からプリファレンスを選択
  2. アドオンに移動
  3. “bool tool”と検索
  4. チェックを付けて右上の更新を押す

以上の手順で “Bool Tool” が追加されます。

使い方

”N”を押すと画面上に出てくるプロパティに追加されています。(編集タグに追加されている)

種類は”Auto Boolean”と”Brush Boolean”の2種類があります。

下の4項目を選択することで、その効果をすぐに得られます。

簡単に違いを説明すると、”Auto Boolean”は選択した瞬間にブーリアンを行います。

モディファイアーではないブーリアンのように使えます。

”Brush Boolean”はブーリアンモディファイアーを付けたうえで、ブーリアンモディファイアーのオブジェクトに設定した物を編集することができます。

ブーリアンモディファイアーよりも作業がしやすい設定になっています。

その他の詳しいことはコチラの動画が非常に分かりやすいので、ぜひ見てみてください!

How to work with the Bool Tool | Blender 2.82 – free Addon | Tutorial

まとめ

ブーリアンはまだそんなに使ったことがないのですが、今後ハードサーフェスに挑戦してみたいと思っているので使いこなしたいですね。

サブディビジョンとの相性は難しいので、そこら辺をより勉強できていければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました