Vtuberならケチれない?オススメWebカメラ

機材

こんにちは!

最近Vtuberの方と楽曲コラボの話が増えているHyoketsuです。

今回はVtuberをしていく上でも大切な、生身とモデルを連携するWebカメラの情報をまとめたので

参考になれば幸いです!

Webカメラはなぜ必要?

WebカメラはFacerig3teneなどのヴァーチャルモデルを、自分の顔と連動させて動かす際に必要になります。

Facerigなど一部のソフトはフェイストラッキングといって自分の表情を読みとることができます!

 

「歌ってみたなどイラストのみ」「MMDなどのダンスソフトで体のみを動かす」など、顔のトラッキングを用いない場合不要ですが、今後様々な活動をしていくためには必須と言えるでしょう!

ちなみに、ノートパソコンに搭載されているWebカメラでも動作可能です!

 

Webカメラの比較

Webカメラにも種類が存在します。用途に合わせて必要十分から高性能なものまでまとめました。

 

ロジクール C270n

解像度720p (HD)
フレームレート30fps
視野角60°
フォーカス固定

解像度は720pフェイストラッキングをするには十分な解像度となってます。

視野角は高すぎるとトラッキングしずらい為、60°あることで十分読み取ることができます。

ロジクール C525n

解像度720p (HD)
フレームレート30fps
視野角69°
フォーカス自動

C270nと比較すると、「自動フォーカス」「左右の角度を変更できる」といったメリットがあります。

また、光補正のおかげで少し薄暗い部屋でも顔をしっかり読み取ることができます。

ロジクール C615n

解像度1080p (フルHD)
フレームレート30fps
視野角78°
フォーカス自動

C525nと比較すると、「フルHD画質に対応」といったメリットがあります。

それにより、より精度よく顔をトラッキングすることができます。

折りたたむとレンズが内側になる設計のため、使わない間は折りたたんで安全に使用できるのも、個人的に嬉しい点でした。

ロジクール C920n

解像度1080p (フルHD)
フレームレート30fps
視野角78°
フォーカス自動

Youtuberで使われている人も多いカメラです。

Webカメラはディスプレイの上下どちらかに置くとだけだと、正面からトラッキングできません。

そのため少し違う方向を向いているような印象を与えてしまいます。

しかしC920三脚に対応しているので好きな高さに固定することができます

 

iPhoneなど スマホのカメラを使用する

Webカメラを別途で用意しなくても、スマホを持っている人であればWebカメラの代用をすることができます!

iVCamをインストール

スマートフォンにアプリをインストール

●iOS版

●Android版

パソコンにソフトをインストール

●iVCam公式サイト

「Download for Windows」でダウンロードをしてください。

 

パソコンとスマホを接続

接続方法は「ワイヤレス(Wi-Fi)」と「USB」の2種類ありますが、自宅のWi-Fiなどパソコンもスマホを

同じルーターに繋がっている場合は自動的に認識してくれるので、Wi-Fiを選択しましょう!

Wi-Fiで接続

PC版iVCamを起動

パソコン側のiVCamを起動して待機画面まで進みます。

スマホ側もiVCamを起動します。

カメラとマイクとアクセス権限を求められた場合、許可を選択してください。

スマホのカメラ映像がパソコン側のiVCam画面に映し出されます。

左下に自分の機種の名前が表示されます。

もしすぐに映像が映らなくなった場合、PC側のファイアウォールが原因かもしれません。
iVCamを試用する際だけオフにして、写るかどうか確認しましょう。

FacerigでiVCamと連携

アドバンスUIを選択

画面右上にある「UI+」を選びます。

入力デバイスを選択

右側の「高度なトラッキングの設定」を選択し、「トラッカー」タブを開きます。

「インプットする機器」「ウエブカム」から使用するカメラを選択します。

「e2eFost iVCam」を選択することで連携ができます。

 

3teneでiVCamと連携

アバターの調整

右上のメニューを選択してアバターの調整メニューに入ります。

入力デバイスを選択

「設定タブ」を開き、「ウェブカメラ」から使用するカメラを選択します。

「e2eFost iVCam」を選択することで連携ができます。

 

スマホスタンド

スマホをPC上に固定するためにはスタンドが必要になります。

このような変形できる三脚があると便利です。

このような照明付きスタンドを用いることで顔をより正確にトラッキングできます。

デスクのサイズを確認して選びましょう!

まとめ

Webカメラは高性能であればあるほどVtuber用に向いているというわけではありません。

たとえば高画質で広視野角の場合、カメラの録画できる範囲に対して顔が小さく映ってしまいます

そうなった場合、キャプチャーできる性能はほかの安価のカメラと差がなくなってしまいます。

必要なところにお金を投資して、より楽しくVtuberをしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました