歌ってみたをやりたい!Vsingerオススメマイクとその比較!

機材

こんにちは!
音響エンジニアのHyoketsuです。

最近はVtuberの方との楽曲製作や歌ってみたのMIXなどを行うことが多く、そこで得た情報や知識をまとめていきます!

 

以前にこちらで様々な用途ごとにマイクをまとめましたが、
今回は歌ってみたなどの音質のクオリティを上げるための機材を紹介します。

マイクを選ぶ際の注目ポイントやコスパ重視の製品との比較を考慮してまとめましたので、参考になれば幸いです!

最安価で歌ってみたを始めるには?

歌ってみたを手軽に始めるにはiPhoneなどスマホのマイクを使うことができます。

しかし、オススメはしません。

そもそもレコーディング用に作られていないので、音質が歌ってみた向けではありません。

最低限オーディオインターフェースとマイクの組み合わせにしましょう。

audio-technica AT2020

歌ってみたをする際の最低ラインのマイクではないでしょうか?

コンデンサーマイクの問題点として些細な音を拾いすぎてしまう。内部がサビてしまわないように湿度管理が必要といったデメリットがあるため注意しましょう。

また、自宅で使用する場合は反響音や生活音を拾いにくくするための対策が必要です。

audio-technica コンデンサーマイクロホン AT-2020【旧パッケージ】
●確かなスタジオクオリティを実現したハイコストパフォーマンスモデル。 ●コストパフォーマンスに優れた、サイドアドレスコンデンサーマイク。 ●自宅録音/動画配信に最適。 ●さまざまなシーンに対応する高耐入力設計と広いダイナミックレンジを実現。 ●専用設計ダイヤフラムによる幅広い周波数特性と優れた過渡応答。 ●サイドとリア...

Sennheiser e945

コンデンサーマイクが使える環境じゃない場合、ダイナミックマイクが選択肢に入ります。

トークなど普段使いにも向いており、長い目で使うには安定した性能になります。

ゼンハイザー ダイナミックマイクロホン スーパーカーディオイド/ボーカル向け e 945【国内正規品】
e 945は、ボーカル向けに設計されたスーパーカーディオイド型プロフェッショナルマイクロフォンで、バンドを通さず、ソフトでごく自然な音を実現します。暖かみのある応答特性と丈夫な構造、優れたハウリング防止機能を兼ね備えています。

Focusrite Solo

マイクとPCを接続するためのハードウェアで、マイクの次に音質にかかわってくる機材になります。

安いメーカーの物や中古品でも使用自体はできますが、ノイズが発生したりコンデンサーマイクが使用できなかったりといったことがあります。

最低ラインとしてこの辺りからが選択肢になるでしょう。

Focusrite Scarlett Solo 3rd Gen オーディオインターフェイス
これからDTMを始める方に最適でFocusriteの最もシンプルなUSBオーディオインターフェース。マイク入力1つ楽器入力1つを搭載しギターやマイクを使いスタジオ品質でのレコーディングを始められます。

マイク

オススメのマイクを金額ごとに紹介していきます。

10000~20000円

この価格帯はマイクメーカーのフラッグシップ商品が多く、安定した性能と購入しやすい金額の両立になっています。

SHURE “BETA58A”

ボーカルマイクの中では一番安定した性能になります。
低域から高域まで満遍なく収録できます。歌い方次第では一部ピーキーな印象になるため、ほかの選択肢が必要です。

SHURE ダイナミック マイクロフォン BETA58A-X 【国内正規品】
Shure BETA 58Aは、プロ仕様の音空間の創造やスタジオ・レコーディングのために生まれた、スーパーカーディオイド採用、高出力ダイナミック型ボーカル・マイクロホンです。数々の伝説を生み出したShureのクオリティと信頼性を継承しています。

AKG “D7”

SHUREのBETA58Aと比較すると高音域が平たく感じる音の為、上記のマイクで納得しなかった場合は、同価格帯でオススメになります。

AKG D7 ダイナミックマイク
AKG D7 ダイナミックマイク ライブボーカルの魅力を余すことなく引きだす高品位のプロフェッショナルモデル。 ダイヤフラムの厚みを調節したAKG独自の“ラミネート・バリモーション テクノロジー"を採用。緻密に調整されたスムーズなレスポンスと、力強いサウンドを実現。 ボーカルのために低域をロールオフした特性。 ハンドリ...

20000~30000円

この価格帯になってくると、ショックマウントなどの付属品や保護するケースなどがセットでついてくるため、「何を買ったらよいか分からないけど初めてみたい」といったハードルが低い商品が多い反面コスパが優れているといった印象は薄いです。

RODE “NT1-A”

コンデンサーマイクの選択肢として有名なマイクの一つです。

ショックマウントなど付属品もついてくるためおすすめのマイクです。

音色としては高音域にピークがあるため、歌声によってはささりますが、ブレスなど繊細な音は綺麗に収録してくれます。

RODE 【マイク機材フルセット!!】Rode NT1A Anniversary Vocal Condenser Microphone Package ■並行輸入品■
<オススメ!> ポップガード付きショックマウント、マイクケーブル、専用ポーチがセットになった定番コンデンサーマイク! RODE NT1-Aは、世界が驚愕したNT1を正統に継承する逸品。金メッキ処理された、1インチの単一指向性ラージダイアフラムを搭載。クリアで抜けの良いバランスのとれた音響特性を持ち、EQでの補正なくその...

AKG “P420”

AKGの中でも比較的に安価に変えるマイクで、純粋な音で収録ができます。

AKG Project Studio Line コンデンサーマイク ブラックボディ P420 【国内正規品】
Project Studio Lineは、世界中のレコーディングスタジオで愛用されているAKGマイクロホンの優れた音響性能を受け継いでいます。C414やC451など、数々の名機を生み出してきた独自のマイクロホン開発技術を惜しみなく投入し、上位機種と同様、音源の温かみまで確実に捉える極めて音楽的なサウンドを実現しました。...

30000~50000円

この価格帯のマイクは高音質で音フラットに収録するものから、歌専用に味付けされていたり楽器の高音圧にも耐えうる性能をしていたりと用途に向けて設計されているものが主流になります。

Blue Microphones “BLUEBIRD”

歌声を一番聴き手に近い音質で収録することができます。

【並行輸入品】Blue Microphones ラージダイアフラム・カーディオイド・コンデンサー・マイク BLUEBIRD
Bluebirdはラージダイアフラム・カーディオイド・コンデンサー・マイクであり、Blueならではのマイク・テクノロジー及びクラスAディスクリート回路が採用されている。Bluebirdは用途を限定したデザインでなく、ボーカルからエレクトリック/アコースティック・ギター、クローズマイキングしたドラム、ドラム・オーバーヘッ...

audio-technica ”AT4040″

アコギなどの音を綺麗に収録してくれます。全体的にフラットな周波数特性です。

オーディオテクニカ コンデンサーマイクロホン AT4040 / 1インチ大口径ダイアフラム / DCバイアス / 単一指向性 / 80Hzローカットフィルタースイッチ / 10dBパッドスイッチ / 専用ショックマウント付属 / トランスレス AT4040 ブラック
●1インチ大口径ダイアフラムを搭載したトランスレス・コンデンサーマイクロホン。 ●プロフェッショナルレコーディング、放送局、及びステージ使用等での音への厳しい要求に応えるため、高度な技術を結集。 ●高度な技術の大口径ダイアフラムにより、スムーズで自然な音響特性を実現。 ●トランスレス回路が低域の歪みをなくし、ハイスピー...

AKG “C214”

近くの音が厚く収録できます。距離感をリアルに再現したい時などにはおすすめできます。

AKG C214 コンデンサーマイク 正規輸入品
AKG C214 コンデンサーマイク AKG C214は、「C414」の特性を受け継ぐコストパアフォーマンスモデルです。 C 414と同じ1インチのダイヤフラムを採用したシングル・ダイヤフラム・モデル。広大なダイナミックレンジは、ボーカルやオーケストラなどの繊細な響きから、ギターアンプなどの高い音圧まで対応。 内部サス...

50000~100000円

ハイグレードマイクの価格帯で業界標準として使われるものも多く、SM7Bなどナレーションやシャウト系ボーカリストなど多数の用途に用いることができるマイクが主流です。

SHURE “SM7B”

叫びや声を張り上げても綺麗に収録できます。

ポップブロッカーを使用せず直接使用するため、力強く低音をクリアに収音できます。

SHURE 単一指向性ダイナミック型マイクロホン SM7B 【国内正規品】
・フラットで伸びやかに広がる周波数特性により、音楽とスピーチの両方において、他に類を見ない明瞭かつ自然な音質を再現します ・ダイナミック・マイクロフォン。ローカット、およびミッドブーストスイッチを装備。コンピュータモニタやネオン管から発生するハムノイズを防ぐ構造が特徴なマイクです。 ・頑丈な構造と優れたカートリッジ保護...

audio-technica “AT4050”

マイクの距離感が少し不安定でもクリアに収録してくれます。ピーキーな高音域も存在しないので使い勝手の良いマイクです。

個人的に一番使い勝手が良く、自前を用意してレコーディングで使用しています。

オーディオテクニカ コンデンサーマイクロホン AT4050 / 1インチ大口径デュアルダイアフラム / DCバイアス / 単一指向性 双指向性 無指向性 に切り替え可能 / 80Hzローカットフィルタースイッチ / 10dBパッドスイッチ / 専用ショックマウント付属 / トランスレス AT4050 ブラック
1インチ大口径デュアルダイアフラムを搭載した 可変指向型トランスレス・コンデンサーマイクロホン。 ●プロフェッショナルレコーディング、放送局、及びステージ等での音への厳しい要求に応えるため、高度な技術を結集。 無指向性、単一指向性、双指向性の3つの指向性に切り換え可能。 ●最高のパフォーマンス機能とクオリティを生む先進...

100000円以上

ハイエンドのマイクで個人所有はあまり見られませんが、有名なスタジオでは用意されているマイクです。

NEUMANN “U87Ai”

収録した後にEQ処理などをせずとも楽曲に混ざる音質です。

高価なため、しっかり保護して使いましょう。

audio-technica “AT4060”

超低ノイズのマイクです。声がよく聞こえるマイクというよりは音が素直に聞こえるマイクの為、実力がそのまま出てきます。

オーディオテクニカ コンデンサーマイクロホン AT4050 / 1インチ大口径デュアルダイアフラム / DCバイアス / 単一指向性 双指向性 無指向性 に切り替え可能 / 80Hzローカットフィルタースイッチ / 10dBパッドスイッチ / 専用ショックマウント付属 / トランスレス AT4050 ブラック
1インチ大口径デュアルダイアフラムを搭載した 可変指向型トランスレス・コンデンサーマイクロホン。 ●プロフェッショナルレコーディング、放送局、及びステージ等での音への厳しい要求に応えるため、高度な技術を結集。 無指向性、単一指向性、双指向性の3つの指向性に切り換え可能。 ●最高のパフォーマンス機能とクオリティを生む先進...

オーディオインターフェース

オススメのオーディオインターフェースを金額ごとに紹介していきます。

10000~20000円

各メーカーのフラッグシップモデルとして多い価格帯になります。

Focusrite “Scarlett Solo”

Focusrite製のオーディオインターフェースです。

Cubaseで有名なSteinberg製よりも中域が先に持ち上がるような印象で、楽器や声など綺麗に収録できます。

Focusrite Scarlett Solo 3rd Gen オーディオインターフェイス
これからDTMを始める方に最適でFocusriteの最もシンプルなUSBオーディオインターフェース。マイク入力1つ楽器入力1つを搭載しギターやマイクを使いスタジオ品質でのレコーディングを始められます。

20000~50000円

2回線以下のオーディオインターフェースでは比較的高価なものになります。

Solid State Logic “SSL2”

4Kスイッチで音質に味付けを行うことができます。マイクの音量を上げても歪みにくくクリアに聞こえます。

Solid State Logic (SSL) ソリッド・ステート・ロジック/SSL 2 オーディオインターフェース
SSL 2およびSSL 2+は単なるオーディオインターフェースではなく、Solid State Logicを技術が詰め込まれたスタジオの中心となりうるものです。クラス最高のマイクプリアンプ、Legacy 4Kアナログエンハンスメント、スタジオ品質のモニタリング、SSL Production Packソフトウェアバンドル...

Audient “iD14”

この価格帯では一番コストパフォーマンスが高いです。

通常オーディオインターフェースはダイレクトモニタリングでも若干の遅延が発生しますが、この辺りのハードはさらに低遅延を体験できます。

【iD4 】英国デザイン オーディオ・インターフェイス/高性能24-bit/96kHz AD/DA コンバーター搭載 2-in/2-out
iD4は、音楽クリエイターが必要とする全ての機能をコンパクトかつエレガントにまとめた、Audientコンソール直系のClass-A マイク・プリアンプ搭載の『Creator's Box』です。

50000~100000円

プロ作曲家や個人スタジオの所有者で用いられることが多い価格帯です。低遅延のモニタリングや、安定した電力供給、低ノイズを誇る機材が多いです。

RME “Babyface Pro FS”

オーディオインターフェースで音質が変わる体験を始めてした機材です。マイクの音質もモニタリングの音質も高いため機材のグレードを上げる場合の選択肢としておすすめです。

RME ヘッドホンアンプ・DAC Babyface Pro
2011年に登場したBabyfaceは、大きなエンコーダーと見やすいLEDによる優れた操作性、192kHz対応で驚異的なジッター抑制を実現するSteady Clock、独自ドライバによる超低レイテンシー等々、プロフェッショナルの現場での要求に応えられる初のモバイル・オーディオ・インターフェイスとして制作・リスニング環境...

100000円~

ライブハウスやレコーディングスタジオでも用いられる価格帯で、初めての人には活かしきれない反面長期的に戦うことのできる機材です。

Universal Audio “Apollo Twin X/DUO”

ライブステージの音響などでも用いられ、高い安定性と低遅延を誇ります。もちろん音質も申し分なく、スタジオやレコーディングブースにもっていっても機能を発揮します。

Universal Audio Apollo Twin X/DUO Heritage Edition オーディオインターフェース Thunderbolt 10イン / 6アウト【国内正規品】
Apollo Twin Xは、選び抜かれたA/D、D/Aコンバーター、2基のUnison対応プリアンプ、DUO、QUADコア・リアルタイムUADプロセッシングを装備し、Mac、PC用の洗練されたThunderbolt 3オーディオインターフェイスを提供します。 ■Apollo Twin X/DUO Heritage E...

その他周辺アイテム

レコーディングに向いている機材を紹介します。

パーソナル録音ブース

頭部だけを加工防音スペースです。

特に部屋の加工を必要とせず、防音空間安価に用意ができます。

リフレクションフィルター

部屋の反響などを軽減します。

反響があると声にディレイが書けたかのようにきこえるので、いくらエンジニアが工夫してもクリアには聞こえなくなってしまうので、自宅の場合はこのアイテムのように工夫しましょう。

ポップブロッカー

声を録音する際、息や破裂音などの空気はノイズや雑音として収録されます。

マイクと口の間にポップブロッカーを用意して対策しましょう。

ダイナミックマイクなどのグリルを外して、このブロッカーを使用して録音する方法もおすすめです。

まとめ

マイクやオーディオインターフェースの音質は値段と比例して上がっていくわけではありませんが、基本的に高いものに外れは存在しません。

用途に合わせて自分が支払える金額の機材を選ぶのが一番ですが、一つステップアップしたい場合の選択肢として参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました