【Blender2.9】アニメーションレンダリングの方法:フローや設定

Blender

こんにちは!

Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。

Blenderを勉強して、アウトプットの場としてそれぞれの機能をまとめられればと思っています。参考にもなれば嬉しいです!

今回は作ったアニメーションをレンダリングする方法を紹介します。

画像のレンダリングと方法が異なります。

ですがオブジェクトを作って、ライティングをカメラは一緒なので、そこまではコチラの記事を参考にしてみてください。

【Blender2.9】レンダリングの方法:これを読めば一安心。
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

またアニメーションは作ったけどフレームレートは設定していないという方なんかは、この記事でやり方をみてキーフレームを移動させる必要があるかもしれません。

イントロダクション

今回はアニメーションを以下の流れでレンダリングしていきます。

  1. fps(フレームレート)を設定
  2. 全体のフレーム数を設定
  3. アニメーショーンを設定
  4. 出力先を設定
  5. レンダリング

絶対に必要な手順ですが、順番は前後しても大丈夫です。

では早速はじめていきましょう!

アニメーションレンダリングをしてみよう!

今回は以下の動画を実際にレンダリングした時の手順に沿って説明していきます。

フレームレート(fps)を設定

はじめに〔フレームレート〕を設定しましょう。

〔フレームレート〕とは、1秒当たりの画像の枚数のことです。

Blenderでデフォルト設定の”24fps”は、1秒間に24枚の画像を使用することになります。

基本的には、フレームレートの値が大きくなればなるほど動画が滑らかになります。

詳しくは以下の引用を読んでみてください。

フレームレート(fps)とは、1秒間の動画が何枚の画像で構成されているかを示すの単位のこと。fpsは「frames per second」の略です。
フレームレートには1fps、3fps、24fps、25fps、30fps、50fps、60fps、120fpsなどがあり、60fpsは1秒間に60フレーム(60コマ)で記録されることを表します。この中で人が見てスムーズと思えるフレームレートは、24fps〜30fps程度と言われています。また、日本のテレビ放送は30fpsのため、日本人は30fps程度の動画であれば違和感を感じることは少ないでしょう。

出典:Canon Japan フレームレート(fps)とは?動画別のおすすめ設定を解説

高ければいいというわけではなく、用途に適したフレームレートがあります。

例えばYouTubeでは”24~60fps”が推奨されています。

今回は”30fps”でアニメーションを作っていきましょう。

フレームレートは画面右側の〔出力プロパティ〕から設定できます。

〔出力プロパティ〕の〔寸法〕内に〔フレームレート〕とあるので選択しましょう。

全体のフレーム数を設定

次に全体のフレーム数、つまりアニメーションをどれぐらいの長さで作るか決めましょう。

今回は”5秒”のアニメーションをレンダリングしていこうと思います。

”30fps”で設定したので、全体のフレーム数は”150”になります。

先ほどのフレームレートを設定した箇所の上部で設定できます。

〔開始フレーム〕は今回はそのままでよいです。

〔開始フレーム〕に関しては作成したアニメーションの一部をレンダリングしたい場合に、スタートを変更したいときは使用しましょう。

〔終了〕が再生とアニメーションのレンダリング範囲の末尾になるので、”150”に設定します。

アニメーションを作成

今回は2.5秒間ずつかけて、立方体がX軸とY軸に5m移動するアニメーションをレンダリングしていきましょう。

アニメーションの作成方法については、コチラの記事を参考にしてみてください。

【Blender2.9】キーフレームの基礎知識を理解する!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...
【Blender2.9】アニメーションをつけてみよう!
こんにちは! 今回はBlenderでアニメーションを作る方法を紹介します。 前半はキャラクターにアーマチュア...

こんな感じでキーフレームを打ってみました。

出力先を設定

次にアニメーションをレンダリングした際の出力先を決めましょう。

これも先ほどと同じように〔出力プロパティ〕から設定します。

〔出力〕という項目の中にファイルのマークがあるので選択して、レンダリングしたアニメーションを保存したいファイルを選択します。

またその下部に〔ファイルフォーマット〕とあるので、動画のための形式に変更しましょう。

今回は”AVI JPEG”を使用します。

基本的にはコチラで出力すればいいかなと思います。

形式について詳しくは後述します。

別に変更しなくてもいいですが、これも割と重要な機能が他にあるので後述します。

レンダリング

では準備が整ったので、最後にレンダリングしてみましょう!

〔アニメーションレンダリング〕を実行する方法は2種類あり、画面上部の〔レンダー〕からかショートカットキーの”Ctrl + F12”から行えます。

ファンクションキーには他にも便利なショートカットキーが用意されているので、ぜひ活用してみてください。

【Blender2.9】便利なファンクションキーを活用しよう!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

選択するとレンダリングが実行されます。

ファイルの大きさにもよりますが、「フレーム数=レンダリングする画像の数」なので結構時間がかかりあます。

終了したらちゃんと出力されているか、保存先で確認てしみましょう。

動画のファイル形式

先ほどレンダリングの出力先を設定する際にファイル形式を3つの中から選択しました。

  • AVI JPEG
  • AVI Raw
  • FFmpeg

それぞれの特徴があるので、適した形式を選択する必要があります。

簡単にまとめて紹介している記事があったので、各当部分を引用しておきます。

出典:Blenderの易しい使い方 【Blender】動画ファイルの保存方法【アニメーションのレンダリング】

またこの項目を書くにあたって以下のリンク先を参考にしたので、こちらも読んでみてください。

Blender 2.92 Manual ファイル&データシステム Media Formats Supported Video & Audio Formats 

AVI JPEG

〔AVI JPEG〕は、JPEG圧縮を使用した軽いファイルです。

基本的にこのファイル形式を使用すれば問題ないと思います。

AVI Raw

〔AVI Raw〕は、高画質の非圧縮フレームになります。

とても重いファイルなので、高性能なパソコンでないと出力できないようです。

通常はあまり使わない形式ですかね。

FFmpeg

〔FFmpeg〕は、様々なエンコーディングを使用可能になります。

〔H.264〕や〔MPEG-4〕といった形式がオーソドックスな物になりますかね。

〔動画コーデック〕でエンコーディングを変更できます。

〔コンテナ〕は、〔MPEG-4〕や〔Matroska〕がオーソドックスな物になるかと思います。

フレームステップ

〔フレームステップ〕とは、レンダリング中にフレームをスキップする数を設定できます。

例えばフレームレートを”30fps”に設定して、フレームステップを”2”にすると”15fps”でレンダリングします。

全体のアニメーションを崩さずにレンダリング枚数を削減できるので、確認のための一旦レンダリングするのに活用できます。

まとめ

覚えてしまえば画像もアニメーションレンダリング方法はそんなに変わらないですね。

今回の中で〔フレームステップ〕という便利機能を知ったので活用していきたいです!

  • フレームレートとは、1秒当たりの画像の枚数
  • アニメーションのフレーム数=フレームレート×アニメーションの秒数
  • 出力形式は適宜お好みで、デフォルトがオーソドックス
  • アニメーションレンダリング:Ctrl + F12
  • フレームステップを活用して確認用のレンダリングが可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました