【blender2.9】1分で作れる鏡の作り方!cycle&eeveeでのやり方をそれぞれ解説

Blender

こんにちは。

さて、今回は鏡の作り方について解説していきます。

Blenderにはcycleとeeveeの2つのレンダリング方式があり、それぞれ鏡の作り方が異なるので、2つともまとめていきたいと思います。

Cycleで鏡を作る方法

Cycleで鏡をつくるのはとても簡単です!

まず、鏡にしたいオブジェクトを用意しましょう。

用意したら、以下の手順で鏡にしましょう。

  1. マテリアルを新規追加
  2. プリンシブルBSDFを消して、光沢シェダーを追加
  3. 粗さを0にする

これで、鏡の完成です!

 

光沢BSDFのカラーや粗さを変更すると、色んな鏡を作ることができるので、各自数値を調整して、好みの物を作ってみましょう。

プリンシブルBSDFでもできる

他にもプリシブルBSDFで、メタリックを1にして、粗さを0にすると同じように鏡を作ることが可能です。

ノードの使い方が全く分からない人はこちらのやり方がおすすめです!

Eeveeでの鏡の作り方

EeveeではCycleと同じように作っても、鏡にオブジェクトが写りません。

Eeveeではライトブローブというオブジェクトを使用します。

Shift+Aでライトブローブ→反射平面を選択しましょう。

 

追加したライトブローブを、鏡にしたい面に挟む形で配置すると、鏡を作ることができます!

ライトブローブを使用する場合でも、光沢BSDFやプリシブルBSDF(粗さ0,メタリック0)の設定は必要なので、注意しましょう。

ライトブローブの調整

デフォルトのままでも十分鏡を作ることができますが、ライトブローブの設定を変えると、うつり方が変わります。

右のプロパティから、ライトブローブの設定が可能です。

  • 距離…オブジェクトに幅がある場合は距離の値を変えることで、鏡にすることが可能
  • 減衰…光の入り具合を調整

まとめ

今回は鏡の作り方を解説しました!

他にも、同じような系統でガラスや金属などの作り方も解説しておりますので、ぜひ読んでみてください。

【Blender2.9】簡単にリアルなガラスマテリアルを作成!
こんにちは! Blenderの使い方や機能、ノウハウについてまとめているUEDAです。 自分のためのアウトプ...
【Blender2.9】金属マテリアルのクオリティアップをしよう!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

コメント

タイトルとURLをコピーしました