【Blender3.0】リアルなCGエフェクトを作る方法

Blender

はじめに

こんにちは!

今回は、Blenderを使ってさまざまな「CGエフェクト」を作る方法を紹介したいと思います!

3DCGで使う「エフェクト」とは?

「エフェクト」を直訳すると「効果」ですが、3DCGや映像の世界では「リアリティを増す目的で映像に加えられる様々な効果(炎、爆発、光など)」のことを言います。

(引用リンク)

エフェクト | CG用語辞典 | CGWORLD Entry.jp
作品を盛り上げたり、リアリティを増す目的で映像に加えられる爆発、火、液体、破壊された物体の破片、発光などのこと。あるいは、これらをつくる工程のこと。実在する自然現象だけでなく、漫画的な集中線、魔法少女が発する光、ドラゴンがはく炎なども含まれる。エフェクトの表現方法は多岐にわたり、3DCG空間内で流体シミュレーションを用...

エフェクトを作成できるソフト(Blender以外)

Blender以外にも、こちらのようなさまざまなソフトでエフェクトを作ることができます。

Adobe After Effects

アドビ社の映像編集ソフト(有料)で、映像にさまざまな特殊エフェクトを追加することができます。

Blenderでも、後で紹介する「コンポジット」の機能を使って映像にエフェクトを追加することができますが、After Effectsの方がより機能が豊富なイメージです。

Adobe After Effects | VFXとモーショングラフィックスソフトウェア
モーショングラフィックスとVFXの業界標準ツールであるAfter Effectsでは、映画、テレビ、動画、web向けの多彩な映像表現が可能です。

ゲームエンジン

「ゲームエンジン」はゲーム制作用のソフトで、ゲームで使用するようなエフェクトを作ることができます。

代表的なのは「Unity」と「Unreal Engine」で、(条件はありますが)無料で使用できます。

Unity

Unity
Unity is the ultimate game development platform. Use Unity to build high-quality 3D and 2D games, deploy them across mobile, desktop, VR/AR, consoles or the Web...

Unreal Engine

Unreal Engine 製品概要
Unreal Engine の概要ですべての業界において驚異的なレンダリング、ビジュアル、体験を作り上げる方法を見てみましょう。

「Unity」「Unreal Engine」ともアセットストアがあり、リアルなエフェクトを購入することもできるようです。

Blenderでエフェクトを作成するメリット

もちろん、BlenderでもさまざまなCGエフェクトを作ることができます

エフェクト作成にBlenderを使うメリットは以下です。

無料で使える

ご存じのとおり、Blenderはフリーの3DCGソフトで、誰でも無料で使えます!

立体感のあるエフェクトを作れる

Blenderは3DCGソフトなので、3DCGモデリングや物理シミュレーションなどを使って、たとえばこちらのように立体感のあるエフェクトを作ることができるます。

ゲームエンジンでも物理シミュレーションはできますが、Blenderを使うことで、モデリングとシミュレーションをBlender内だけで完結できてラクチンです。

実写合成(VFX)ができる

Blenderは実写合成(VFX)の機能が充実しているので、実写映像をモーションキャプチャして3DCGを重ねることができます。

実写映像にCGエフェクトを重ねることで、リアリティの高い映像をBlenderだけで作ることができます。

Blenderで作れるエフェクト①物理・パーティクルアニメーション

Blenderで作れるエフェクトは、大きく分けてこちらの3種類です。

  1. 物理・パーティクルアニメーション(炎、水、爆発など)
  2. 特殊効果系(光線、雷など)
  3. コンポジット(レンズグレア、フォググローなど)

まず、「①物理・パーティクルアニメーション」の例をいくつか紹介します。

Blenderの流体シミュレーションを使って、こちらのようにリアルな煙のエフェクトを追加することができます。

流体シミュレーションを使った煙の作り方について、詳しくはこちらの記事を参照ください!

【Blender2.9】物理演算で煙を実装しよう!~基礎編~
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

また、こちらの「タバコの煙」の作り方の記事を参考に、「ノイズ」を追加すると煙がよりリアルに見えるようになります。

ぜひお試しください。

【Blender2.9】流体実践編:タバコの煙を作ってみよう!
こんにちは! Blenderの使い方や機能、ノウハウについてまとめているUEDAです。 自分のためのアウトプ...

炎を作る方法を2つ紹介します。

  1. 流体シミュレーションで作る
  2. パーティクルで作る

流体シミュレーションで炎を作る方法

流体シミュレーションで、こちらのような煙付きの炎を作ることができます(ドメインの解像度が低めなのでやや粗いですが…)。

基本的なやり方は先ほど紹介した「煙」と同じです。

こちらのように「物理演算プロパティ」→「フロータイプ」で「火炎」を選択するとすぐに炎っぽい見た目に変わります。

ただし、このままだと炎の色がレンダリング結果に反映されません

こちらのように、ドメインのマテリアルを表示し、「プリンシプルボリューム」の「黒体の強度」の数値を上げるとレンダリング結果に反映されます。

流体シミュレーションで炎を作る方法については、こちらのチュートリアル動画で詳しく解説されているので参考にしてください。

#09 炎と煙のシミュレーション 勇者のBlender物理

パーティクルで炎を作る方法

パーティクルを使って、こちらのようなゲームのエフェクトっぽい炎を作ることもできます。

作り方については、こちらのチュートリアル動画を参照ください。

モディファイア・グラフエディタテクスチャペイントなどの技術を駆使するので、少し難しいかもしれませんが、トライしてみてください。

【質問に答える】パーティクルで炎を作る【blender2.82】

↑のチュートリアル動画で使用している「テクスチャペイント」の使い方については、こちらの記事でも説明しているので参考にしてみてください。

【Blender2.9】テクスチャペイントの方法:自由に描こう!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

爆発

Blenderの標準搭載アドオンの「Cell Fracture」と、「フォースフィールド」を組み合わせることによって、たとえばこちらのように星を爆発させるアニメーションが作れます。

詳しい作成方法については、こちらのチュートリアル動画(英語)を参照ください。

Blender 2.8 Tutorial – Cell Fracture Explosion

先ほど紹介した流体シミュレーションと組み合わせても面白いと思います!

水しぶき

水しぶきは、こちらのように流体シミュレーションで表現できます。

流体シミュレーション(液体)は煙などの気体と比べて、手順がやや複雑です。

流体シミュレーション実施からメッシュをベイクするまでの一連の方法については、こちらのチュートリアル動画を参照ください。

#07 Blender2.82のNew流体シミュレーション 勇者のBlender物理

(「Vtuberの解剖学」の中でも、いずれは一連のやり方を記事にまとめたいと思います。)

先ほど紹介した例では、こちらのようにUV球に「リジッドボディ(アクティブ)」と「流体(エフェクター)」を追加し、水が入った「ドメイン」に落下させることで、水しぶきを表現しています。

ぜひ試してみてください!

Blenderで作れるエフェクト②特殊効果系

つぎに、ゲームとかファンタジー寄りの「特殊効果系」エフェクトをいくつか紹介します。

光の輪・オーラ

こちらのように、放射される光の輪(オーラ)を表現できます。

作り方は、こちらのチュートリアルを参照ください。

【Blender 2.83】超簡単!魔法や花火っぽいアレの作り方【3DCG】

↑のチュートリアル動画では「ディスプレイスメントモディファイア」を使って光の形状を変化させています。

ディスプレイスメントモディファイアの使い方はこちらの記事を参照ください。

【Blender2.9】表面を複雑に変化させる:ディスプレイスモディファイアー
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

こちらのように、を作ることもできます!

先ほどの「光の輪/オーラ」と同じように「ディスプレイスモディファイア」を使ってモデルを変形させています。

雷の作り方はさまざまなチュートリアル動画で紹介されていますが、こちらのチュートリアルがシンプルでおすすめです。

Create Animated Lightning in Blender 2.8 Eevee

日本語のチュートリアルだと、こちらがわかりやすくておすすめです。

【必見】【Blender2.93】スパーク・電気・稲妻・光の作り方/初心者にも簡単

魔法陣

マテリアルノードとパーティクルを組み合わせることによって、こちらのような魔法陣エフェクトが作れます。

作成方法は、こちらのチュートリアル動画を参照ください。

[Blender]魔法陣エフェクトの作り方!!【エフェクトで遊ぼう】

また、BlenderのVFX機能の一つ「平面トラッキング」を使って、こちらのチュートリアルのように魔法陣を実写合成することもできます。

【Blender解説チュートリアル】初心者にもわかる平面トラッキングを使って街に魔法陣を張る方法。

Blenderで作れるエフェクト③コンポジット

3種類目の、「コンポジット」を使ってエフェクトを追加する方法を紹介します。

レンズフレア

こちらのように、明るい場所やライトをカメラ撮影したときにできる「レンズフレア」のエフェクトを作れます。

こちらのようにコンポジットノードをつないで作ります。

作り方についての詳細は、こちらの記事を参照ください。

【Blender2.9】コンポジット:光の調整 〜初級編〜
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

フォググロー(ブルーム)

こちらのように、光によって回りの空気が明るく照らされる「フォググロー」の効果を追加できます。

こちらのように、先ほどの「レンズフレア」でも使用した「グレア」ノードのパラメータを、「フォググロー」に変更することで作れます。

ちなみに、Eeveeでレンダリングする場合は、こちらのように「レンダープロパティ→ブルーム」にチェックをいれるだけで作れます。

サンビーム(光芒)

こちらのように、窓から日が差し込むときにできる、サンビーム(光芒・ゴッドレイ)を表現することができます。

こちらのように、「フィルター→サンビーム」ノードで光芒を作り、「カラー→ミックス」ノードで元画像と重ね合わせます。

色などの細かい調整もできますので、詳しくはこちらのチュートリアル動画(英語)を参考にしてみてください。。

Blender New Feature Preview: Sun Beams!

まとめ

Blenderで作れるエフェクトについて、いくつか紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

こちらの記事で紹介したもの以外にも、Youtubeのチュートリアル動画等でさまざまなエフェクトの作り方を学ぶことができます。

チュートリアルを真似したり、アレンジしたりして自分だけのエフェクトを作ってみて、一緒にBlenderライフをエンジョイしましょう!

最後に、今回の記事のまとめです。

  • エフェクト(CG):リアリティを増す目的で映像に加えられる様々な効果(炎、爆発、光など)
  • Blenderでエフェクトを作成するメリット
    • 無料で使える
    • 立体感のあるエフェクトを作れる
    • 実写合成(VFX)ができる
  • Blenderで作れるエフェクトの紹介
    • ①物理・パーティクルアニメーション:煙・炎・爆発・水しぶき
    • ②特殊効果系:光の筋/オーラ・雷・魔法陣
    • ③コンポジット:レンズフレア・フォググロー(ブルーム)・サンビーム(光芒)

コメント

タイトルとURLをコピーしました