【Blender2.9】複製・適用・ファイル復元を解説:使いこなしたい機能まとめ

Blender

こんにちは!

Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。

Blenderを勉強して、アウトプットの場としてそれぞれの機能をまとめられればと思っています。参考にもなれば嬉しいです!

今回は〔複製〕と〔適用〕、〔ファイルの復元〕についてまとめています。

初心者から大事な機能なので、ぜひ覚えて使いこなしましょう。

複製とは?

複製とは、選択物と同一のコピーを同じ位置に作成する機能です。

同じ位置に作成された後に、自動で移動モードに入るので位置を調整できます。

〔オブジェクトモード〕と〔編集モード〕のどちらでも使用可能です。

〔オブジェクトモード〕では選択オブジェクトを複製します。

〔編集モード〕では選択物を複製します。

複製された物は元のオブジェクトとリンクはされておらず、別個の変更を加えていくことができます。

〔オートマージ〕がオンの状態で移動させないと、複製後に同位置に作成されるためにマージされて複製できないことがあります。

【Blender2.9】マージの使い方:頂点の整理・重複頂点の削除に活用しよう!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

ショートカットキー:Shift + D

複製のショートカットキーは”Shift + D”です。

複製元のメッシュから違うオブジェクトをモデリングしたり、単純に同じオブジェクトの数を増やすといった使い方ができますね。

僕は基本的に前者の使い方で使用することが多いです。

後者のように使いたい場合は大抵、規則性を持たせてコピーしたいことが多いので〔配列モディファイアー〕を使った方が効率がいいかと思います。

【Blender2.9】配列モディファイアーの使い方:たくさん並べよう!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

因みに画面左上から〔オブジェクトモード〕では〔オブジェクト〕から、〔編集モード〕では〔メッシュ〕から〔複製〕を実行できます。

リンク

「複製された物は元のオブジェクトとリンクはされておらず、別個の変更を加えていくことができます。」と書きましたが、リンクさせることもできます。

まず〔リンク〕というのは元のオブジェクトに変更を加えることで、複製したオブジェクトの同じ部分も同じように変更が加えられる機能です。

複製した後の移動を確定後に画面に出てくるプロパティで〔Linked〕をオンにします。

適用とは?

適用とは、現在のオブジェクトが持つデータ(位置と回転、スケール)をデフォルト値として設定します。

画面右側のショートカットキー”N”で表示を切り替えることのできる〔プロパティシェルフ〕の〔アイテム〕で確認することができます。

動画でもオブジェクトに変化は見られませんが、値がリセットされているのが分かります。

他の機能を使う上で重要な機能なので覚えておきましょう。

位置

位置を〔適用〕すると、現在の位置がX、Y、Z軸で”0m”として設定されます。

そして原点がワールド原点(3軸の交わる点)に移動します。

【Blender2.9】原点の解説:原点とピボットポイントの違いは?
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

3つありますが、僕は唯一使うことがない機能です。

他の機能に対しても影響することがないせいかと思います。

もちろん何か出れば追記していきます。

回転

回転を〔適用〕すると、現在の回転量がX、Y、Z軸で”0°”として設定されます。

モディファイアーを使う上で、現在の回転量をデフォルト値にすることで正常に機能します。

例でいうと〔配列モディファイアー〕の場合、〔適用〕しない場合は回転量も配列に影響して余計に回転して並べられてしまいます。

【Blender2.9】配列モディファイアーの使い方:たくさん並べよう!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

回転したオブジェクトを配列できず、配列の軸が傾いた形状になっています。

スケール

スケールを〔適用〕すると、現在のスケールがX、Y、Z軸で倍率”1.000”として設定されます。

先ほどと同様モディファイアーを使う上で、現在のスケールをデフォルト値にすることで正常に機能します。

例でいうと〔ベベルモディファイアー〕の場合、〔適用〕しない場合は辺のスケールも長さによって変わってしまい同じ幅でベベルされません。

【Blender2.9】ベベルツールの使い方:ベベルを使って滑らかな角を作成!
こんにちは! Blenderでの3DCG制作を勉強中のUEDAです。 Blenderを勉強して、アウトプット...

均等にベベルしたい場合は必要な工程ですね。

この立方体は、デフォルトの立方体からY軸にのみ拡大しています。

ショートカットキー:Ctrl + A

適用のショートカットキーは”Ctrl + A”です。

〔オブジェクトモード〕で実行後に項目が出てくるので、実行したい項目を選択しましょう。

〔全トランスフォーム〕と〔回転・スケール〕はそれぞれ先ほど紹介した3種類の組み合わせになっています。

〔全トランスフォーム〕は、その名の通り〔位置〕と〔回転〕、〔スケール〕の全てを一括で適用できます。

〔回転・スケール〕は、〔回転〕と〔スケール〕の2つを一括で適用できます。

〔位置〕以外を適用したい場面は多くあるので、後者は便利な機能でよく使っています。

ファイルを復元したい

Blenderを使っている最中に急に落ちるなんてことを経験した方は多くいると思います。

まだ始めたばかりの方で経験がなくても、これから使用モディファイアーが増えたり、物理演算を使ったり、ノードを多用すると処理が重くなって落ちやすくなります。

パソコンのスペックが高ければ何の問題もないですけどね。

そこでそんな時の対処方法を2つ紹介します。

  • 最後のセッション
  • 自動保存

この2つは画面左上の〔ファイル〕→〔復元〕から選択して使用することができます。

Blenderが落ちて、新しいBlenderファイル内で実行するとそのファイルに変更されます。

忘れずにそのファイルを保存しましょう。

最後のセッション

〔最後のセッション〕は、通常動作中に一時ディレクトリ内に保存されているデータを開く機能です。

〔最後のセッション〕を開く前に落ちたBlenderファイル以外のファイルを開いてしまった場合、新しく触れたファイルの方のデータが開いてしまうので気を付けてください。

また実感としては〔自動保存〕の方が落ちた状態に近い瞬間に戻れる気がします。

また開いた画面からも実行できます。

 

自動保存

〔自動保存〕は、作業中にファイルが自動で保存される機能です。

先ほど紹介した〔最後のセッション〕よりも落ちた瞬間により近い状態で復元できる可能性が高いと個人的には感じています。

〔自動保存〕が実行される時間の間隔を〔プリファレンス〕から設定できます。

右上の下矢印からソートの設定を変更できます。

そこから〔更新日時〕に変更することで、一番左のファイルが最新のものになるので探しやすくなりますよ。

注意点として〔自動保存〕の中からファイルを回復すると、それ以前の自動保存されたファイルは消去されます。

自動保存されたファイルを回復すると、最後の 自動保存が実行されてから行われた変更はすべて失われます。プロジェクトごとに1つの自動保存ファイルのみが存在します。つまり、Blenderは古いバージョンを保持しません。したがって、このツールを使用して数分以上戻ることはできません。

出典:Blender2.91マニュアル Troubleshoothing Recovering Data

まとめ

1つずつまとめるほどの量ではなかったのでまとめましたが、1つずつはとても大事な機能なのでぜひ活用してください。

  • 複製のショートカットキーは”Shift + D”
  • 適用のショートカットキーは”Ctrl + A”
  • モディファイアーを正常に使用するためには必須の機能
  • ファイルの復元は〔ファイル〕→〔復元〕から実行可能
  • 〔最後のセッション〕と〔自動保存〕の2つがあるのでどちらも試そう

コメント

タイトルとURLをコピーしました