パーツ分けが必須!Live2D用イラストの注意点まとめ

2Dモデル

こんにちは!

フリーランスとしてVtuber制作をしているかさはらです。

今回はLive2Dで使用するイラストの注意点についてまとめていきます。

Live2Dで使用するイラストは普通のイラストとは違い、特殊な形式のイラストを用意する必要があります。

どんなイラストを用意すべきかを解説していくので、これからLive2D用のイラストを準備する人は参考にしてみてください。

Live2D用のイラストはレイヤー分けが必須!

まずLive2D用のイラストで最も大切なのが、レイヤー分けがされているということです。

レイヤー分けとは、体のパーツごとでページを分けることです。

少し見にくいですが、こんな感じで髪や口、目とパーツごとでレイヤーを分ける必要があります。

これをしないと、Live2Dで表情を作り込むことができません。

イラストを描くときはレイヤー分けをしながら、描く必要があります。

1枚のイラストを後からレイヤー分けをすることも可能ですが、割と大変なので、最初からレイヤー分けして描くことをおすすめします。

後からレイヤー分けする方法は以下の記事にまとまっているので、参考にしてみてください!

どんな感じでレイヤー分けをすればよい?

どれくらい細かくレイヤー分けをすればいいかはLive2Dのホームページに書いてあります。

あまり細かく設定すると、後で加工するときに大変なので、このホームページに書いてあるぐらいのレイヤーで大丈夫だと思います。

より繊細にキャラを動かしたいという人は、もっと細かくレイヤー分けをしてもいいかもしれませんね。

基本的にはホームページに書いてあるようなレイヤーで分けましょう!

色は同じレイヤーで大丈夫!

体のパーツの色は同じレイヤーで大丈夫です。

「レイヤー分け」と調べると、パーツの色とパーツの線画のレイヤーを分けている人が多いですが、Live2Dでは分ける必要はないです。

後からキャラクターの髪の色とかを変えたいという人とかは分けておいてもいいかもしれません。

レイヤー分けできるソフトは?

レイヤー分けができるソフトはたくさんあります。

  • Photoshop
  • Clip Studio Paint
  • GAMP
  • SAI

僕は「Clip Studio Paint」を使ってレイヤー分けをしています。

「Clip Studio Paint」と「Photoshop」は有料ソフトなので、お金ない人はそれ以外の2つのソフトがおすすめです。

隠れている部分も描く

またイラストは隠れている部分も補足して描く必要があります。

なぜかというとキャラを動かしたときに、隠れている部分を描いていないと、その部分が空白になってしまうからです。

例えば、以下のイラストを見てください。

これはLive2Dでキャラの首を顔を横に傾けた画像ですが、首の後ろが描かれていないため、空白になってしまっています。

空白になっていると、顔と首が繋がっていないように見えてしまい不自然ですね。

他にもこのように髪を揺らした時も、このような現象が起きます。

このようなことを防ぐために、体の隠れている部分もしっかりと塗りつぶす必要があります。

正直、最初は慣れていないので、どこを塗りつぶしていいかわからず、気をつけていてもこのような現象が起きてしまいます。

なので、最初の方はLive2Dで加工しながら、イラストも修正していくことになると思います!

イラストのサイズはどんなサイズでもOK!

イラストのサイズはどんなサイズでも大丈夫です!

後からLive2Dで調節することが可能です。

一応、Live2Dのホームページでは1000px~1500pxが推奨されています。

僕は800pxで作ったことがありますが、何の不具合もありませんでした。

PSD形式で用意する!

イラストはPSD形式で用意する必要があります。

イラストを加工したら、PSD形式で書き出しましょう!

ツールごとで書き出しの仕方は違いますが、基本的にどのツールでもPSD形式での書き出しはできるはずです。

1つ注意点として、レイヤー化した全てのイラストを1つのPSD形式のファイルとして書き出しましょう。

1つのファイルに全てのレイヤー情報が残っているはずなので、Live2Dにインポートしたら、レイヤー化されたイラストが表示されるはずです。

僕は最初これがわからず、全てのレイヤーをそれぞれPSDファイルに書き出してしまいました。
全てのレイヤーをまとめて1つのPSD形式で書き出しましょう!

背景は透過にしよう!

イラストの背景は透過にしましょう。

背景を白とかにしてしまうと、後で白を消さなければ行けなくなります。

Live2Dで加工するときに邪魔なので、イラストを描くときに背景透過で設定して描きましょう。

正面のイラストを用意しよう!

イラストは正面を向いているものを用意しましょう。

正面を向いていなくても、加工することは可能ですが、正面の方が加工しやすいです。

視線や肩の向きなどを正面にして描くのがおすすめですね!

Live2Dのイラストを用意しよう!

全ての注意点をまとめるとこんな感じですね。

  • レイヤー分けされたイラストを用意する
  • 隠れている部分も描き足す
  • イラストのサイズは自由
  • PSD形式のファイルで書き出す
  • 背景は透過
  • 正面のイラスト

これさえ守れば、Live2Dで加工する時も困らないはずです!

Live2D用のイラストを依頼する

イラストを書けない人はイラストを依頼する必要がありますね。

Live2D用のイラストは少し特殊ですが、今までの注意点を守れば依頼するのも簡単です。

上記のポイントを抑えながら、依頼をしましょう。

Live2D用のイラストの相場は?

Live2D用のイラストは以下の2点によって値段が変わります。

  • レイヤー分けされたイラストを依頼するか
  • 全身か顔のみか

レイヤー分けの作業はほとんどの場合、プラスで料金を取られます。

イラストにもよりますが、プラスで1000円以上は取られる場合が多いですね。

またイラストが全身か顔のみかによっても値段は変わります。

顔のみの場合、数百円で依頼できます。

全身の場合、数千円以上はかかりますね。

他にも装飾やイラストのクオリティーによって相場は変わりますが、大体数千円~数万円かかるでしょう。

上記のイラストは「ココナラ」というサイトで依頼しましたが、500円で描いてもらいました。

でもその分、顔のみのイラストで、レイヤー分けは自分でやる必要があります。

もし2Dキャラのイラストを依頼する時は

  • レイヤーわけも頼むのか
  • 全身にするか顔のみにするか

この2点は事前に決めておきましょう!

もし値段を抑えたい人はレイヤー分けを自分で行いましょう!

イラストはココナラで依頼しよう!

イラストの依頼は「ココナラ」というサイトで行うことができます。

ココナラというサイトではたくさんの絵師の方がイラストを書いてくれます。

自分の好きなタッチのイラストを描いてくれる絵師さんを探して、依頼してみましょう!

依頼するにはまず登録が必要なので、登録しましょう!登録は無料です。

【ココナラに無料登録する】

Vtuber制作を承ります!

僕は現在、ココナラでLIVE2Dを使った2DキャラのVtuber制作を受け付けております。

価格は1000円です!

Live2D+Facerigで2DモデルのVtuber制作③(表情付き)

このキャラは僕が表情や動きをつけたものです。(イラストは描いてもらいました)

このぐらいのクオリティには仕上げることが可能です!

他にも表情を追加したりもできますし、全身のキャラクターの制作も受け付けております。

自分でいうのもなんですが、大体相場は数千円~数万円なので、他の人と比べてもダントツで安いです。

僕に依頼したい人は以下のリンクからチェックしてみてください!

【ココナラでVtuber制作を依頼する】

Vtuber制作にあたっての質問とかでもいいので、興味ある人もココナラのDMかtwitter(@obakasahara)までご連絡ください!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました