【無料】スマホで簡単にVtuberを始められるおすすめアプリ6選!

2Dモデル

こんにちは!

フリーでVtuber制作をしているかさはら(@vtuber05539895)です。

今回はスマホで簡単にVtuberを始められるアプリを5つご紹介します。

最近になってスマホでもVtuberを始められるようになってきました!

アプリは色々あるんですが、機能は似通っているものも多いです。

検索してみると、10個以上のアプリを紹介したりしている記事とかありますが、全部が全部良いアプリとは限りません。

今回紹介するアプリは他のアプリと違う機能が付いていたりと、多機能だったりするアプリをご紹介します。

スマホでVtuberになりたい人はこれから紹介するアプリを抑えておけば、大丈夫だと思います!

スマホはiPhoneがおすすめ!

まずスマホでVtuberを始めるのに必要なのは当然「スマホ」です。

しかし、スマホOSは「iOS」と「android」がありますね。

スマホでVtuberを始める場合は「iOS」が圧倒的におすすめです!

なぜなら、iOS対応のアプリの方が多いからです。

androidに対応しているアプリは割と少ないので、androidの人は使えるアプリが制限されます。

Vtuberをスマホで始める人はiPhoneを用意するのがおすすめですよ。

iPhoneXを用意しよう!

これからスマホを購入する人は、iPhoneの中でも「iPhoneX」を買ってください。

なぜかというと、iPhoneXにだけ表情をトラッキングする機能が付いているからです。

表情のトラッキングとは自分の表情の動きをカメラで捉えることです。

カメラで捉えた自分の表情の動きをキャラクターに反映させることで、表情豊かなVtuberを作れます。

この機能が付いているのは今の所、iPhoneXぐらいだと思います。

他のスマホを使った場合、音声認識によって動かすか自動で動かすかになると思います。

なので、ぜひVtuberをスマホで始める場合はiPhoneXを用意しましょう!

  • スマホはiOS(iPhone)がおすすめ
  • iPhoneXなら表情のトラッキングができる

Vtuberを始めれるアプリ6選!

Vtuberを始められるアプリは以下の6つです。

  • パペ文字
  • ホロライブ
  • Vカツ
  • EVKI
  • Facerig
  • ミラティブ

パペ文字

僕が1番おすすめしたいのがこの「パペ文字」というアプリです。

パペ文字は「ホロライブ」と並んで、有名なアプリです。

ホロライブよりも多機能なのが特徴で、まずキャラの数が豊富です。

人型のキャラ以外にも動物などのキャラも用意されています。

またAR機能といって、キャラを現実世界に召喚することができます。

 

他にもボイスチェンジャー機能が付いているので、声を変えたい人にはおすすめですね。

また録画機能も付いているので、外部アプリを使わなくても録画が可能です。

あと僕が特徴的だなーと思ったのが、自作キャラを動かせることですね。

おそらく3Dの自作キャラを入れることができます。

自作キャラを入れられることができるアプリはかなり少ないので、自作キャラを使いたい人にはパペ文字がおすすめです。

パペ文字のデメリットはiPhoneXにしか対応していないことですね。

もしパペ文字を利用する場合はiPhoneXを準備する必要があります。

【パペ文字をダウンロード】

 

  • 対応OS:iOS 11.0以降(iPhoneXのみ)
  • 録画機能・AR機能・ボイスチェンジャー機能
  • 自作3Dキャラを導入可能

ホロライブ

おそらくVtuberになれるアプリの中で1番有名なのが、この「ホロライブ」ですね。

かなり簡単にVtuberになることができます。

アプリをダウンロードして画面を開くとキャラクターが登場します。

キャラクターの髪の色や背景なども編集可能です。

あとはキャラクターも何種類か用意されています。

有名Vtuberの「のじゃろりおじさん」のアバターも用意されていますね。

ホロライブでは自分の表情をトラッキングして、キャラクターに反映させることができます。

注意点として、表情のトラッキングはiPhoneXでしかできません

その他のスマホだと、目の開閉は自動で行われ、口の動きは音声認識で動きます。

またホロライブはiOSにもandroidにも対応しているので、どんなスマホでも使えるのがいいですね。

動画で配信をしたい場合は外部アプリとの連携が必要なので、注意しましょう。

【ホロライブをダウンロード】

 

  • 対応OS:iOS10・AndroidOS 4.4以上
  • シンプルで使いやすい
  • 生配信は外部アプリが必要

Vカツ

最近話題になった「Vカツ」もおすすめです。

VカツはPC版もありますが、アプリでも楽しむことができます。

Vカツのいいところはキャラのカスタマイズが多彩な点ですね。

かなりのパターンのカスタマイズができるので、ほとんどオリジナルのキャラを作成できます。

また機能も充実していて、パペ文字と同じようにAR機能も付いています。

デメリットはまだ開発したばかりなので、アプリが不安定らしいです。

まあこれはそのうち解決すると思います!

また対応OSはiOSのみです。iPhoneX以外でも使えるっぽいですが、iPhoneでないと表情のトラッキングはできないので注意しましょう。

【Vカツをダウンロード】

 

  • 対応OS:iOS11以降
  • キャラのカスタマイズが多彩
  • アプリが不安定

EVKI

この「EVKI」というアプリは今まで紹介してきたアプリとは違い、2Dのイラストを動かすことでVtuberになることができます。

このアプリが特徴的なのは自分で書いたイラストを動かせることです。

自分で書いたイラストのデータをアプリに入れることで、自動的に口や目が動くようになります。

表情のトラッキングはできないっぽいですが、表情は何パターンか変化させることは可能です。

表情のパターンを変えるには表情ごとにレイヤー化したイラストが必要らしいので、注意しましょう。

録画機能も付いているので、動画配信も可能です。

イラストを準備するだけで、自作のVtuberを作れるのはいいですね。

でも3Dには対応していないし、動きは制限されているので、表情や動きをたくさんつけたい人にはおすすめしません。

【EVKIをダウンロード】

 

  • 対応iOS:iOS 10.3以降
  • 自作イラストを使ってVtuberになれる
  • 表情も何パターンか用意可能

Facerig

FacerigはPC版が有名なツールです。

精度の高い表情のトラッキングが特徴で、アプリでも表情のトラッキングを行うことができます。

このアプリは開発元が海外なので、用意されているキャラクターも他のアプリと違い特徴的です。

無料のキャラクターも用意されていますが、キャラを有料で購入することも可能です。

またこのアプリではLive2Dなどで作った自作キャラを入れることができます。

しかし、アプリに自作キャラを入れるには1200円かかります。

(画像にはNT$280と書いてありますが、僕がこのとき台湾にいたので台湾ドル表記になっています。)

またこのアプリはおそらく唯一、androidのスマホで表情のトラッキングができます。

androidのスマホを使って、表情のトラッキングを行いたい場合はこのアプリがおすすめです。

またiOSには対応していないので、注意しましょう。

【Facerigをダウンロード】

 

  • 対応OS:Android 4.3以上
  • トラッキングの精度が高い
  • 自作キャラが導入可能(有料)

ミラティブ

スマホ1台で誰でもVTuberになって生配信できる新機能「エモモ(アバター)」 short.ver

スマホでアバターをカスタマイズして、Vtuberになることができるアプリ。

このミラティブはもともと、ライブ配信アプリでして、そこにVtuberになれる機能が付きました。

髪型や顔の形などをカスタムすることができ、そのアバターで簡単にライブ配信が始められます。

【エモモ】ゲーム配信中はエモモがプレイしている姿で配信!

イメージはこんな感じです。

こちらのアプリはIOS・Android両方に対応しているので、スマホを持っていれば誰でも始められますね。

フェイストラッキングは現在実験中で、これからデフォルトの機能としてつけられるそうです!

Vtuberの機能としてはそこまで秀でている部分はないですが、ライブ配信とセットになっているのはいいですね。

しかもフォロー・フォロワーというSNS機能も付いていたり、ランキング・新着などの機能も付いています。

Vtuberで簡単にライブ配信を始めたい人にはおすすめですね!

【ミラティブをダウンロードする】

もっと詳しくミラティブについて知りたい人はこちら!

  • 対応OS:IOS・Android
  • 無料で使える
  • ライブ配信が簡単にできる

スマホでVtuberになるのはおすすめしない

ここまでスマホのアプリでVtuberになる方法を紹介しましたが、僕は正直スマホのアプリでVtuberになるのはおすすめしません。

なぜかというと、スマホだと自作のキャラクターを導入できるアプリが少なく、自由度が低いからです。

PCでVtuberを作ると、表情や動きを精度高く表現できるし、自作キャラも導入可能です。

基本的にVtuberになるのはPCがおすすめです。

PCを使ってVtuberになる方法を知りたい人は以下の記事を参考にしてみましょう。

でも、スマホのいいところは簡単にVtuberになれるということです。

PCだとどうしてもPCスキルがないと難しいでしょう。

その点、スマホの使い方は慣れている人が多いと思うので、簡単にVtuberになれます。

スマホで簡単にVtuberになりたい人は上記で紹介したアプリを利用して、Vtuberになってみましょう!

Vtuber制作を承ります!

Vtuber制作を依頼したい人は「ココナラ」というサイトで依頼することができます!

僕もココナラでLIVE2Dを使った2DキャラのVtuber制作を受け付けております。

価格は1000円です!

このキャラは僕が表情や動きをつけたものです。(イラストは描いてもらいました)

このぐらいのクオリティには仕上げることが可能です!

他にも表情を追加したりもできますし、全身のキャラクターの制作も受け付けております。

自分でいうのもなんですが、大体相場は数千円~数万円なので、他の人と比べてもダントツで安いです。

僕に依頼したい人は以下のリンクからチェックしてみてください!

【ココナラでVtuber制作を依頼する】

Vtuber制作にあたっての質問とかでもいいので、興味ある人もココナラのDMかtwitter(@vtuber05539895)までご連絡ください!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました