【ミチコンPLUS】全身モーションキャプチャができちゃう!ミチコンPLUSの使い方解説

ソフト・アプリ

こんにちは!

朝飯でふりかけご飯に少しごま油をたらして食べることにハマっています。

めちゃ美味いので、ぜひ試してみてください!

さて今回は全身モーションキャプチャがスマホだけでできてしまうミチコンPLUSを紹介したいと思います。

ミチコンPlusとは?

スマホ一台で全身モーションキャプチャができちゃうiOSのみのアプリです!すごい。

デフォでキャラクターが用意されているのですが、月額370円のPRO登録をすれば、Vroidから自分で作ったアバターを持ってきたり、モーションデータを書き出せたりします。

配信は他のアプリを使えばできますし、動画編集して動画投稿している方もいました。

ミチコンplusで「極楽浄土」踊ってみたキャプチャー検証

細かい動きはできないが大まかなキャプチャー をするにはよいとおっしゃっていました。

あとは早い動きにそこそこついていけている点を評価していました。

対応端末

対応端末は以下の通りになります。

  • iPhone11/11Pro/11Pro MAX
  • iPhoneXR/XS/XS MAX
  • iPad Air(3rd)/Mini(5th)/Pro(3rd)

対応しているOSはiOSのみとなり、Androidには非対応となるのが悲しいです。

iPhoneのフェイストラッキングは偉大ですね。

iPhoneXは推奨端末に含まれていませんが、トラッキング機能は付いているので、検証はしていませんがおそらく動くとは思います。ただ、処理能力が低いので、カクついたりする可能性はあります。

ミチコンPlusの特徴

ミチコンPLUSの特徴は3つあります。

  • 全身モーションキャプチャ
  • VRoidとの連携
  •  モージョンデータを書き出す

1つずつ見ていきましょう!

全身モーションキャプチャ

なんといってもミチコンPLUSの最大の特徴は、全身モーションキャプチャですね。

Vカツのようなフェイストラッキング対応のスマホアプリはかなり増えました。

【Vカツ モバイル版】好きなだけカスタマイズしよう!Vカツのスマホ版の使い方
こんにちは! さて今回は以前紹介したVカツのスマホ版を紹介したい思います。 PC環境がある方はぜひPC版も試...

ですが、全身モーションキャプチャができるのはミチコンPLUSくらいなのではないでしょうか。

動きをつけるのは大変な労力ですが、これならスマホ一台で完結するのでお手軽です。

また他にもモーションキャプチャを導入する方法はありますが、ミチコンPLUSなら無料かつスマホ1台で行えます。

最もモーションキャプチャを安価で導入しやすいのではないでしょうか。

コチラでモーションキャプチャができる機材を紹介しているので、ぜひ見てみてください!

Vtuberが動かせるモーションキャプチャー用機材とソフトまとめ
こんにちは! さて、今回はモーションキャプチャについて機材やソフトも合わせて詳しく解説していきます! モーション...

フェイストラッキングによる顔の表情の読み取りも増えれば、かなりすごいアプリになるではないかと期待しちゃっています。

今でも十分すごいんですけどね。

VRoidとの連携

VRoidで作ったアバターをミチコンPLUSに持ってくることができます。

ミチコンPLUSではアバターのカスタムできず、通常版だとデフォのアバターしか使えません。

なので、VRoidで作ったアバターを持ってくることによって好きなアバターを使えます。

配信の際は、自分だけのアバターを使って配信・動画投稿してみましょう!

VRoidはPC版とモバイル版があるのですが、コチラの記事を見て作ってみてください!

1日で習得できる!Vroid Studioの使い方を徹底解説!
最近Vtuberの引退多いね。 こんにちは。 僕は普段Vroidを使ってVtuber制作をしております。 ...
PC版との違いは?Vroidモバイルの使い方や機能解説!
Perception Neuronほしい。こんにちは。 さて今回は最近リリースされた「Vroidモバイル」について...

モーションデータを書き出す

ミチコンPLUSでは「.csv」拡張子でモーションデータを書き出すことができます。

この動画を見る限りでは書き出した.csvファイルを変換することで、Unityに入れたモデルにミチコンPLUSで動かしたモーションを再生することができます。

またコチラに公式で詳細が載っているので、ぜひ見てみてください!

【MMD】スマホアプリ「ミチコンPlus」で書き出した.csvを.vmdにコンバートするまでの手順 | NEXT SYSTEM BLOG
1. はじめに ミチコンで書き出した.csvをMMDで使える.vmdに変換するまでの手順をまとめてます。 ミチコンPlusについてはこちらからご確認ください。 2. 準備 必要なもの ミチコンPlusの入ったiPhoneWindowsPCお好きなモデルcsvAnimationConvert

PRO登録について

月額370円のPRO登録というものがあります。

これに登録すると、前述した2つのことができるようになるものです。

全身モーションキャプチャを楽しむ程度の方はいらないかもですが、配信・動画投稿を考えている方は必須のシステムですね。

PRO登録をするとできること

  • VRoidとの連携
  • モーションデータを書き出す

気になった方はぜひダウンロードしてみてください!

使い方の解説

アプリを開くとこのような画面になります。

はじめるがメイン画面に移動して、モーションキャプチャをしていきます。

PRO登録をする場合はここから行います。

通常版とPRO登録後の違いについては後述するので、はじめるを押してください。

使い方から配信まで説明していきます!

自分だけのアバターを使おう!

VRoidから自分のアバターを持ってきてみました。

VRoid側でミチコンPLUSと連携すると作ったアバターが使えるようになります。

メイン画面右上のキャラ変更からVRoidで作ったキャラを選んで使ってみましょう!

全身モーションキャプチャをしてみよう!

以下がメイン画面でできることになります。

引用:https://www.next-system.com/michicon

この5つの機能が公式サイトでは動画で、紹介されていました。

  • ミチコンPLUSの使い方
  • 動画読み込み機能
  • グリーンバック機能
  • ARモードの使い方
  • 画面キャプチャで撮る方法

公式サイトには以下のリンクからお願いします。

ミチコンPlus
スマホだけでVチューバー!マーカレスでリアルタイムの全身モーションキャプチャが可能なiOSアプリ「ミチコンPlus」。VRoid HubにUPしたキャラクターに変更したり、モーションデータの書き出しも可能

動画で十分という方は公式サイトを見てみてください!

ちなみに動画読み込み機能では、最大で15秒の動画みたいです。

全身モーションキャプチャはアウトカメラ、インカメラで撮った人の動きに合わせてアバターが動きます。

服装は体の線がわかりやすい服装で全身を定点から写すことと、ごちゃついていない背景でゆっくりめに動くのが公式でのコツだそうです。

 

試しにやってみたのですが、側面を向くとちゃんとアバターも向くのがすごいですね。

ですが、かなりガクついた動きになってしまいました。

体のラインがわかる服装でやっていたので、背景がごちゃついてたためですかね。

きれいにモーションキャプチャをするには、公式のコツを意識しましょう!

配信方法

このアプリ自体に配信できる機能はないので、Mirrativなどの別のアプリを使って画面配信を行うことで生配信することができます。

Mirrativについてはコチラで紹介しているのでぜひ見てみてください!

ミラティブとは?Vtuber制作者が機能や使い方をご紹介!
こんにちは! フリーランスとしてVtuber制作をしているかさはら(@obakasahara)です。 さて、...

生配信をするのであればMirrativは今勢いがあるアプリなのでおすすめです!

他にもスマホ配信ができるアプリはあるので、コチラがわかりやすくまとめてあったのでぜひ見てみてください。

【YouTube Live】初めて生放送でゲーム配信したい人向けの入門ガイド
YouTube Liveでゲーム配信するには、どうすればよいのでしょうか。また、なにが必要でしょうか。このページでは、 ゲーム配信(生放送)のやり方 必要な機材・ソフトについてご紹介します。どの端末で配信するか決めようゲーム配信は、PC

PCでの編集スキルもあればグリーンバックの機能がついているので、画面録画したものを編集して下の動画みたいなこともできてしまいます。

動画のように踊ってみた動画などを投稿できちゃいます。

激しい動きは流石にまだ無理みたいですね。

Spicy電撃参戦!UnityもMMDも使わないで音街ウナちゃん踊ってもらった【ミチコンPlus】

編集によっては、別々で撮ったものを合わせて複数人で踊ることも可能なようです。

この動画はかなり動きがぎこちない感がありますね。

ミチコンPlus・DreamShipショートバージョン【QunQunVR】

まとめ

ミチコンPLUSは、全身モーションキャプチャができる貴重なアプリでした。

全身フルトラッキングするのは値段的に安い買い物ではないです。(レンタルとかもあるみたいですね)

それにはまだまだ劣りますが、それをスマホだけで実現できてしまうのはかなりすごいですね。

これからの進化にもますます期待しましょう!

他にもそれぞれの特徴を持ったスマホアプリがあります。

ぜひコチラも参考にしてVtuberライフを楽しんでください!

【2020年版】スマホで簡単にVtuberを始められるおすすめアプリ8選!
こんにちは! 今回はスマホで簡単にVtuberを始められるアプリを8つご紹介します。 最近はスマホでVtuber配信...

無料で完全オリジナルアバターを作ろう

アプリだと、パーツの組み合わせでしか作れないので、どうしても似たり寄ったりのアバターになってしまいます。

Vroidというソフトでは髪形・服装など、完全オリジナルの3Dアバターを作ることが可能です。

また、3Dモデリングソフトのように高度なスキルは必要なく、絵を描くように3Dアバターを作れます。

VRoid Studio - the first 3D character design software for illustrators
■VRoid Studioとは VRoid Studioは、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できる、Windows・Mac用のアプリケーションです。誰でも無料で利用できるキャラクターメイカーで、モデリングの知識がなくても、直感的な操作で本格的な3Dモデルを作ることができます。 作成した3Dモデルは、...

PCが必要ですが、ソフト自体は無料で使えるので、おすすめです。

Vroidに関して詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

Vroidとは?Vtuber制作者が機能やおすすめポイントを紹介!
こんにちは! フリーランスとしてVtuber制作をしているかさはら(@obakasahara)です。 僕は普...

ぜひ試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました